僕の話を聞いてくれ

誰でもいいから僕の話を聞いてくれよ。

2017シーズンJ1大予想

適当に並べてみた。戦力だけで判断してるから大して面白みないけど。鳥栖、神戸、セレッソあたりがブーストすると上位が安定しなくて面白いシーズンになるとは思う。とりあえず三木谷マネーに期待しよう!

 

1位:鹿島
戦力A 移籍A 監督A
戦力、経験、タイトルすべてを持っている鹿島。移籍もターンオーバーを意識した内容で本気度が伺える。他のチームはレオシルバと小笠原の中盤を潜り抜けるだけで疲弊しそう。

注目選手:鈴木 優麿
チバラキヤンキー、銚子はどうだい?昨年のCWCでお茶の間ブレイク。今年は更なる飛躍を期待したい。飛躍しすぎて大好きなHIP HOPをカメラの前で披露してしまわないか非常に心配。

2位: G大阪
戦力A 移籍C 監督B
戦力と監督の安定感から。鹿島同様に優勝候補ではあるけれど鹿島のほうが強そうだからガンバは2位にした。藤春泉澤の左サイドは今シーズンの目玉になると思う。たぶん井手口と一緒に泉澤もブレイクするはず。

注目選手:井手口 陽介
泉澤と悩んだけど代表の左サイドには原口が鎮座しているからお茶の間でブレイクするのは井手口のほうが早そう。マスコミからポスト遠藤の呪いを掛けられること必至。

3位: 浦和
戦力A 移籍B 監督A
戦力は申し分ないが大事なところで取りこぼして結局優勝できずという結果になるような気がする。年を重ねるごとに足腰が弱くなっていくペドロヴィッチ監督が心配。

注目選手:関根 貴大
ユース出身の背番号24。原口元気という偉大な先輩を超えられるようプレイスタイルに磨きをかけてほしい。SHは代表候補が溢れているので代表まで上がることは無理だと思うけどポテンシャルは十分。まぁ、正直代表に呼ぶなら駒井のほうが先になるだろうな。

4位: 広島
戦力B 移籍C 監督A
森保監督の手腕は疑いようがないが上位3チームと比べると戦力でどうしても劣ってしまう。戦力を戦術で補えれば上位3チームに食い込めるかも。

注目選手:宮吉 拓実
小さいころから皆が期待しているんだからいい加減ブレイクしてくれ。名前が似ているからって宮市みたいに怪我ばっかりってことにならないように気を付けてほしい。

5位: FC東京
戦力B 移籍B 監督B
優勝候補に上げている人も多いけど優勝はないかな?上位予想のチームとは違ってACLが無いというアドバンテージをうまく活かせれば優勝も狙えると思う。

注目選手:米本 拓司
ミスタースペランカー。今年こそ怪我なく1年間無事に過ごしてほしい。スペランカーじゃなければ今頃レオシルバみたいになれていたのかもしれないのに。まだ26才だから体を大事にして末永く良いサッカー選手でいてもらいたい。

6位: C大阪
戦力B 移籍B 監督B
J1昇格の功労者である大熊監督が続投しないというのは面白みに欠けるが気が付けば代表クラスが何人もいるタレント集団に仕上がっている。ほんとにこのタレント集団を大声で統率する大熊監督を観たかった。本当に残念。

注目選手:柿谷 曜一朗
ジーニアス。華のあるプレイはスタジアムで直接観る価値がある。代表入りは厳しいかな?代表で観たいけど。

7位: 神戸
戦力B 移籍B 監督A
資金力で夏の移籍市場を荒らしてくれそうな神戸。ネルシーニョの理想にどこまで近づけるか。夏の移籍次第では上位に入ってくる可能性あり。

注目選手:ポドルスキ
来るの?本当に来るの?

8位: 鳥栖
戦力B 移籍C 監督B
神戸同様に資金力で移籍市場を荒らしてくれそうな鳥栖。昨シーズン終盤で守備戦術が浸透したように思えるので今年からが本番か。タレントは結構そろっているので上位に入ってくる可能性大。

注目選手:鎌田 大地
鳥栖の原動力。こいつが怪我したら一気に崩れそうなくらいな存在感。鎌田が代表に入って活躍したらトップ下というポジションの人気が一気に上がりそう。

9位: 川崎
戦力B 移籍B 監督D
最大の補強は小林悠が移籍しなかったことか。新加入の家長をはじめタレントは豊富だが鬼木監督が風間イズムをどこまで継承しているか未知数なので中位に置いてみた。広島のミシャ→森保みたいな流れが組めていれば優勝できる可能性があるかも。

注目選手:三好 康児
東京オリンピックの中心選手になっているであろうユース上がりの3年目。オリンピックと言わず大島と共にA代表入りを目指してほしい。

10位: 柏
戦力C 移籍D 監督C
なんというか、可もなく不可もなくといった感想しかなく。よくわかんないから中位に置いてみた。

注目選手:古賀 太陽
レイソルを愛し、レイソルに愛された男。我こそはぁ~!コガ タイヨウ!。いや、たぶんそんなに試合出れないと思うんだけどジュニアユースから生え抜きで上がってきた太陽っていう名前の設定が漫画みたいだなって思っただけ。

11位: 磐田
戦力C 移籍C 監督D
名波監督自体は特に名将という訳では無いが何かのきっかけでブレイクする可能性はある。早く新型N-BOX見せてください。

注目選手:中村 俊輔
俊輔というか新型N-BOXがでるのかでないのか、みんな気にしてるのはそこだけだろ。

12位: 大宮
戦力D 移籍D 監督D
昨シーズンからの戦力大幅ダウン感は否めず。大前がフィットしなかったら降格も見えてくるが巧みに残留ラインをコントロールしてくれそう。

注目選手:大前 元紀
ダーティー大前として清水プロレスのリングに上がらざるを得なくなった完全ヒール。清水サポの皆さん、物は投げないでください。

13位: 仙台
戦力D 移籍D 監督D
故障者が出たりしたら残留戦線待った無しといった布陣。石原、平山がどれだけ活躍できるかがポイントになってくるかも。

注目選手:シュミット ダニエル
高さは正義、デカさこそこの世の真理!というようなことを叫びながらゴールマウスを守ってほしい。指宿よりデカいとかどんだけデカいんだろうか。

14位: 横浜FM
戦力B 移籍C 監督B
戦力は整っていてもフロントがゴタゴタしていると残留争いに巻き込まれるということを体現してくれそう。落ちるの?落ちないの?結局落ちないのかよ!っていう終わり方になるような気がする。

注目選手:仲川 輝人
怪我に泣いたアタッカー。一度見ればその凄さが解る。ポジションが斎藤学と被っているから斎藤学が移籍してくれないとこの子の出番がありません。

15位: 新潟
戦力D 移籍D 監督D
アイシテルニイガタ。戦力、移籍、監督どれを取っても残留できる気がしないが伝統の残留芸でうまく乗り切るような気がする。ブラジル人3人は総とっかえになったが毎回優良ブラジル人を連れてくる新潟だけに1人くらいは当たりがいるはず。そしてブラジル人3人のうち2人は数年後赤いユニフォームを着ているところまで見える。あと、加藤大には走行距離トラッキングデータ上位10人を全部埋めてほしい。

注目選手:小泉慶
レオシルバから背番号8を受け継いだダイナモ。昨シーズンはポジションに恵まれなかったが今シーズンは本来のポジションに戻れるみたいなので大いに活躍することを期待したい。これでもA代表候補までいったんだよ。

16位: 清水
戦力D 移籍D 監督C
J1降格を味わったにも関わらず残留するための補強する気あんのか?というような補強内容。正直これは残留争い必至ではないかと。

注目選手:カヌ
正直、髪型が凄いという情報以外何も知らない。馬場の昔の写真と比べてみたけどカヌの圧倒的勝利。髪型ランキング不動の1位。試合中汗をかいたらしぼんだりするのかも。あ、ホージェル ガウーショと比べたらどっちが凄いかな?

17位: 札幌
戦力D 移籍D 監督D
圧倒的に戦力が足りてない。小野、稲本を試合で観れたらラッキーという感じになるかも。

注目選手:都倉 賢
どうして代表に入れなかったのか不思議なくらい完成度の高いストライカー。たまにビックリするようなスーパーゴールを決めたりするので札幌の試合を観ることがあったら都倉のシュートを見逃さないようにしましょう。

18位: 甲府
戦力E 移籍D 監督D
圧倒的戦力不足に加えて監督が吉田達磨甲府のスタイルと真逆の監督を持ってくるとか昨シーズンの新潟を観ていなかったのかと小一時間問い詰めたい。吉田監督は経験値を積んで戦術を浸透させる魔法を編み出してるのかもしれない。甲府は下部組織が優秀だからそこを狙っての吉田監督起用だとは思うんだけど、トップチームが降格したら下部組織も引きずられると思うぞ。夏には佐久間監督が誕生している可能性あり。

注目選手:ガブリエル
サンパウロからやってきたストライカーという情報以外何もないが甲府は時々大当たりを出すので今回がそれじゃないかと思ってる。来年あたりガンバか神戸でプレイしてそう。

 

以上、2017シーズンJ1大予想でした!