僕の話を聞いてくれ

アルビレックス新潟のマッチレビューとかやってます。

クロスマシーン小川vs対空兵器大武:J1第19節 新潟×FC東京

ここ6連敗。もう負けを義務付けられているのかと思えてきた俺たちの新潟。そろそろ勝ちたいんだけどな。

スターティングメンバーはGK守田、DFは慶、大武、ジュフン、ゴメスでMFには磯村とロメロのボランチにサイドは貴章とホニ、トップ下ガリャのFWワントップの宗。移籍組の大武と磯村のポテンシャルやいかに。相手DFを吹っ飛ばしながらドリブルしてくれそうなタンキは書類不足で出場できず。なにやってんだよフロント。ギュンと武蔵は欠場。

対するFC東京はGK林、DFは徳永、丸山、山田でMFに高萩、室屋、橋本、米本、小川のFWはウタカと中島という布陣。

前半キックオフ。

2分、ガリャがロングスローを放り込むも逆に奪われてカウンターを受けるがジュフンが前目のポジションで芽を潰す。その後、磯村のスルーパスに反応したホニが走り込むが結果実らず。

6分、ホニがサイドでクラッシュして出血。なんかヤバげな雰囲気だったけどスローで見たらヒールキックがホニの頭に炸裂してる。とりあえず応急処置で現場復帰。

10分、コーナーキックをゲットしてキッカーはホニ。高く蹴り上げたボールはジュフンに当たるも繋がらず。

12分、ゴール前35mくらいでフリーキックをゲット。キッカーはホニかゴメスかという感じでゴメスが跨いでホニがゴール前に蹴り込むとそのボールにガリャがダイビングヘッド気味に合わせてゲットゴール!完璧なキックと完璧な飛び込みだった。先制じゃー!

14分、新潟DF陣はウタカをうまく抑えているな、と思ったら中島のシュートがポスト直撃。これは危なかった。その後もウタカを徹底マークで仕事させないDF陣。イイヨー、集中シテルヨー!と思ったらコーナーキックからウタカが飛び出してゴールネットを揺らされてしまうがこれはオフサイドの判定に救われる。このオフサイド、ウタカに渡る前に新潟DFに当たっているんだけど審判クラスタの意見を聞いてみたい。

17分、ホニのスピードに付いていけず思わずイエローを貰ってしまう室屋。

新潟の守備は宗+ガリャに中盤の1人を足して3枚で前線からプレスを狙うような感じ。攻撃時は4-2-3-1で守備時は4-3-3に見えた。4-3-3でラインを作りつつハイプレス開始のタイミングを伺うという作戦だったんじゃないかな。

19分、高萩にボールが渡ると攻撃のスイッチが入るFC東京。高萩はCBの間あたりにに落ちてからボールを受けるから新潟はプレスに行けずに結果高萩がフリーでボールを保持するという局面になってしまう。ほんと巧いなぁ。

20分、米本の上がりを跳ね返す大武。強いぞ大武。21分にはFC東京コーナーキックを与えてしまうが貴章が魂のクリア。俺たちの貴章。

22分、中島のドリブル突破を許さないジュフンとロメロにいいね!

磯村の6番がなんかすごく馴染んでいる。シーズン当初からいたんじゃないかというくらい馴染んでいる。磯村は今日も何本かいい感じの縦パスを入れているから今までと違う形が作れるかもね。

24分、遠目の場所でフリーキックをゲット。ホニが思い切りよく蹴って直接ゴールを狙うもキーパー林が難なくキャッチ。その後は貴章が迫力満点の正面突破を試みるが許してもらえず。とりあえずコーナーキックをゲットするも難なくクリアされてしまう。

27分、今まで何度もチャンスメイクしてきた室屋のクロスを許さないゴメス。今日は守備のタスクが多めのゴメスにいいね!

29分、ガリャのロングスローで貴章を狙うもうまくいかず。ガリャのロングスローはもうちょっと飛距離が伸びるといいんだけどなー。

それにしても大武は空中戦がめっぽう強い。対空兵器としてほぼ完ぺきな仕事ぶりを見せている。パワープレイでも使えるのかどうかは知らない。そして磯村はやっぱり超馴染んでる。

32分、ガリャがボールを奪ってカウンター。ホニから貴章に繋げてクロスを上げるもガリャに合わず。惜しい!

33分、ウタカがボールに触りたいらしくてかなり下まで落ちてくる。そんな流れの中で中島のドリブル超絶カウンターを受けるも大武が貫録のクリア。凄いぞ大武!その後はFC東京にボールを回されて最後はウタカがシュートを放つもバーの上。良く守れてるよ新潟。

ポゼッションはFC東京が62%で新潟が38%という数字。まぁそんなもんか。でも勝っているのは俺たちだ!

35分、抜け出したウタカと1対1になった守田がビッグセーブでピンチを防ぐ。これ、ウタカに渡る前の橋本のパスがヒールパスで超絶オシャレなんだよね。これでゴール決められたらスーパープレイで何度も流されるところだった。その後も高萩にフリーでシュートを打たれるも枠の外。だんだん雲行きが怪しくなってきたぞ。

38分、中島→室屋→中島と渡って最後は中島がオシャレループを狙うがそこは守田がきっちり弾き出す。オシャレプレイが多いFC東京

41分、またしても守田のスーパーセーブが炸裂。今日は当たっているなぁ守田。ただ殴られ続けているだけなんだけどね。

42分、ガリャがボールを奪ってカウンター発動。ゴメス→ホニ→貴章と繋ぐがシュートまで持ち込めず。

それにしても磯村の安定感が凄い。輝綺がベンチなのも納得。

45分、ペナルティエリア内でガリャがオシャレヒールでボールを流すと慶が反応して飛び込んでシュートするも林に弾かれる。惜しい!

アディショナルタイムは2分の表示だがアディショナルタイムでは特に何も起きないまま前半終了。

新潟は守備が非常に安定していてボールも奪えている。磯村と大武は非常に良い。どうしてシーズン初めからこの補強ができなかったのかとフロントを小一時間問い詰めたい。宗がFWとしては完全に空気なんだけど今日は前線からのプレスということで守備要員としての役割を演じきっている様子。

後半開始。

47分、橋本のアーリークロスがあわやゴールに吸い込まれるかと思ったシーンが発生。立ち上がりから危ない。

48分、ボールを持った宗がホニにスルーパスを出すかと思いきや自分で直接シュートするもキーパーに防がれる。

49分、その後は一方的に攻められる新潟。FC東京は室屋と中島が仲良すぎ。

50分、左サイド小川からのクロスに室屋がシュートするもクロスバー直撃。クロスバーによるビッグセーブ!俺たちの守護神!

53分、中島→室屋と渡して最後は米本がシュートを打つもバーの上。その後は中島が単騎ドリブルによるカウンターアタックを見せてクロスを上げるもそこは大武がしっかりクリア。大魔神大武。

56分、一方的に殴られている新潟、中島が軽快なドリブルでペナルティーエリア内に侵入してきて慌ててジュフンが飛び込むも巧みに切り返してジュフンをかわす中島。中島は心の中でほくそ笑んでいたに違いない。が、俺たちの守田がビッグセーブ!ションボリする中島。

57分、ペナルティエリア近くで慶がプロフェッショナルファールでイエローを貰う。その判定に対してガリャが審判に吠える。結果ガリャにもイエローで次節出場停止。もったいないなぁ。フリーキックを蹴るのは中島か小川か、と思っていたら小川が蹴り込むも無事にクリア。

61分、貴章に疲れが見え始める。でも貴章に代わる選手はベンチにいない。とりあえず走り続けて。

64分、ガリャがゴール前でボールを奪ってホニにつなぐもシュートブロックに引っ掛かってしまう。惜しい!と思っていたら再度ホニにボールが入ってシュートまで持ち込むもキーパー林がきっちりセーブ。再び惜しい!

66分、ゴール前で綺麗に崩されて大ピンチとなるもロメロが体を張った決死のブロック。が、攻撃の手を緩めないFC東京。ウタカにペナルティーエリア内へ侵入されてシュートされると今度は防ぎきれずに失点。

68分、久しぶりに攻撃参加した宗からホニにパスが通るが実らず。それでも新潟のターンは続く。最後はホニがシュートを放つもFC東京ディフェンダーに弾かれてゴールには結びつかず。

71分、宗に代わって河田。今日の宗は完全に守備要員だったね。お疲れ様。

73分、ウタカが単騎特攻を試みる。それに食い付くガリャ。激しい競り合いで象vs狐のような絵になっている。結果は狐の勝利。ヒートアップする象。その象をなだめる象使いの大武。

75分、米本に代わってイ ユンス。そのあとにガリャOUTで豪IN。今日のガリャはボールハント率高かった感じ。お疲れ様。

78分、慶のインターセプトからアーリークロスを上げるも河田に合わず。ホニが左45°からパンチの利いたシュートを放つもバーの上。

79分、ウタカOUTで前田IN。

東京の攻撃はとにかく左サイド。小川のクロスが何本も放り込まれる。というかなんで小川はあんなにフリーでボール持てるの?戦術的な何かがあるんだろうけど検証してないから良く解らない。FC東京には何かからくりがあるんだろうな。

83分、超絶対空兵器の大武の空中戦から新潟のターン。ホニが強烈ミドルを打ち込むもバーの上。惜しい!

84分、中島OUTで永井IN。この疲れた時間に体力満タンの永井とかめんどくさいこと極まりない。

85分、ペナルティエリア横で貴章がたまらずファールでキッカーは小川。なんとか凌ぐもFC東京のターンが続く。が、その度に大武が弾き返す。コーナーキックをゲットしたFC東京は小川に蹴り込ませるもそこには大武が立ちはだかる。試合が完全にクロスマシーン小川vs対空兵器大武の対決になっている。勝つのはどっちだ。

89分、ゴール前でゴメスが倒されるもノーファール、からカウンターを受けるが貴章が魂の守備を見せてピンチを凌ぐ。ロメロOUTでゴーソンIN。

90分、ボールハントした新潟は得意の超絶カウンターを仕掛ける。最後はペナルティーエリア内でホニが倒されるがノーホイッスル。迫力のあるシーンだったんだから審判おまけしてくれよ!

アディショナルタイムは4分。

92分、高萩の超絶スルーパスに反応した永井が上げたふんわりクロスに室屋が飛び込むもゴメスが決死のブロック。FC東京はゲットしたコーナーキックを放り込むが貴章が必死に掻き出す。その後もコーナーキックが続いてずっとFC東京のターン。

94分、サイドで貴章が粘りの守備を見せる。コーナーキックを奪われるも何とか凌ぐ。もう勝ち点1でいいから終わってくれ!と思っていたところで長い笛。引き分けでの試合終了。連敗は6でストップ。とりあえずお疲れ様。

それにしても大武と磯村は素晴らしい。大武の対空能力は半端ないし磯村の縦パスにも期待ができる。

きっと大武はこれからも活躍してくれるだろうから大武のチャントはこれにしておかないか?

youtu.be