僕の話を聞いてくれ

アルビレックス新潟のマッチレビューとかやってます。

チョ・ソンリョンの壁は厚かった:J1第21節 アルビレックス新潟vs川崎フロンターレ

前節、いつものように良い試合はするけど終わってみれば負けてましたという結果に終わったマリノス戦。もう試合内容は良くなくていいからとにかく勝ち点3を獲ってくれというのは全アルビサポーターの願いであることは間違いない。

そんな雰囲気の平日ビッグスワンでのナイトゲーム

先発はGK守田、DF川口、大武、ジュフン、ゴメスでMFに磯村、慶、貴章、ガリャ、ホニ、FWはタンキというガリャトップ下の4-2-3-1。今日は貴章とホニがサイドを入れ替わっているけど何かの作戦なのか。川口はお久しぶり。

対する川崎は、GKチョ・ソンリョン、DFエウシーニョ、奈良、谷口、車屋、MFエドゥワルド・ネット、大島、憲剛、阿部、長谷川、FW小林悠。こちらも同じく4-2-3-1。

新潟ボールで前半キックオフ。

1分、ガリャのロングスローを貴章にあてて落ちたボールをホニが強引にドリブルで切り込むとペナルティーエリア内で倒れるがノーホイッスル。スピードに乗ったドリブル、序盤からいいね!その後、またしてもガリャのロングスローを貴章にあてるが繋がらず。

新潟は攻撃時4-2-3-1で守備時はガリャを1つ前に出して4-4-2のブロック形成。ハイプレスせずに自陣に引いて受ける形に川崎は最終ラインでゆっくボールを回すしかない状況に。

3分、タンキがインターセプトするもその後が繋がらず。直後にガリャがボールを奪ってホニに渡そうとするがこれも繋がらず。気が付けば守備時はホニとガリャが入れ替わっている。ハイプレス要員としてのホニだろうか。

5分、新潟はフリーキックをゲット。ホニが蹴った長いボールはタンキへ。セカンドボールを拾ってガリャが右サイドからクロスを上げるもタンキの頭上を超えていく。しかしまだ新潟のターンが続く。最後は慶がナイスミドルを放つもバーの上。惜しい!でもいい形が作れてるぞ俺たちの新潟。

序盤はガリャとタンキのボールハントが光っているんだけど、これ最後まで続けられるのかな?相変わらずゆっくりボールを回す川崎。そのボールをハントする新潟。なんかいい感じ。正直守田の出番が無い。

8分、川口→タンキ→ガリャと繋いでシュートを撃つも枠の外。惜しい!どんどん続けていこう!その後コーナーキックをゲットしてホニが蹴ったボールのフィニッシュはタンキか貴章かよくわかんなかったけどとにかくゴールに向かっていた。いいよー、いいよー!

ポゼッションは圧倒的に川崎だけどチャンスを作っているのは俺たちの新潟。川崎のシュート数はゼロ。なんか得点の臭いがしてきたぞ。

12分、右サイドを駆け上がった川口からガリャに預けてガリャがオシャレヒールで川口に返すとそのままクロスを上げて貴章がダイレクトボレーを狙うもヒットせず。その後も川口のオーバーラップからチャンスメイク。今日の川口は超イケてる!

14分、貴章とゴメスの協力ボールハントから最後はタンキがミドルを撃つも川崎ディフェンダーに当たって枠を捉えず。その後コーナーキックセカンドボールを川崎に保持されるもきっちり回収する俺たちの新潟。なんか俺たち強くね?

18分、ゴール前で川崎に崩されるも新潟ディフェンダー陣が決死のクリア。その後のコーナーキックもきっちりしのぐがピンチが続きボールが憲剛に入るもタンキが奪って難を逃れる。タンキって1トップ要員だよね?なんでそこまで下がってきてボールが奪えるのかと。が、ここらへんから川崎がペースを握り始めてくる。

20分、ガリャのロングフィードを貴章が収めて最後は慶がシュートするも枠を捉えず。なんかこういう枠を捉えないシュートが多い気がするんだよな。

フロンターレは左サイドからのアタックが多い印象。川口の守備力を狙っているのかゴメス回避か車屋の攻撃力に期待しているのか。

23分、タンキからホニへロングスルーパス。ホニのスピードに賭けるが惜しくも届かず。あと1歩だったけど狙いは良かった。ガリャはなんかポジションフリーな感じ。いろんなところに顔を出してる。

25分、阿部の突破からピンチを招くも磯村が落ち着いて対応。いや、阿部がどフリーでボール受けてるから気を付けて。集中!

27分、川崎のクロスが長谷川に入るも新潟ディフェンダー陣が落ち着いて対応してシュートまで持ち込ませない。その後の川崎コーナーキックからのセカンドボールを守田が怪しげなパンチングスカリでヒヤリとさせられるが何事もなかったかのようにピンチをしのぐ。

30分、川崎の綺麗なパスワークによる崩しからゴール手前まで持ち込まれるもナイスブロックで対応。直後にタンキが単騎で突撃するも川崎のプロフェッショナルファールで止められてしまう。

ポゼッションは新潟36%川崎64%でシュート数は新潟7本の川崎2本。セーフティにパスを回す川崎に対して新潟が攻め込んでいるという数字。でも、この頃から憲剛がフリーでボールを持つ回数が増えてくる。嫌な予感しかしない。それにしても川崎のパス回しは美しいな。観ていて楽しくなるサッカーだ。でも、そんなパス回しをアルビがきっちりブロックする。

37分、憲剛の素早いスローインから長谷川→小林悠と繋ごうとするも守田が気迫のセーブ。守田いいね!

39分、憲剛の動きが活発になってきた矢先、車屋がサイドで川口をぶっちぎるとマイナスクロスに小林悠が合わせてサックリ失点。あー... 川口ぶっちぎられると思った時に磯村が慌ててカバーに入ったけど間に合わなかったな。川崎的には川口と車屋のマッチアップを狙った結果だろうか。それともただ単純に車屋の戦闘力が川口より高かっただけだろうか。内容は悪くないんだから気を取り直していこう!

44分、失点後は防戦一方の新潟。元気出しなよ。

45分、磯村がホニにちょっと強めのスルーパスを出す。間に合わないかと思ったけどそこはさすがのホニ、間に合ってクロスを上げるも精度が低い。

アディショナルタイムは1分だけど特に何も起きないまま前半終了。川崎のパス成功率は驚異の91%。セーフティーなパスが多いとはいえこれはなかなか出せる数字じゃないよな。

川崎のボールで後半キックオフ。

46分、猛烈にチェイシングするタンキがやりすぎてイエローカード。その後、貴章がボールを奪ってフリーのホニを狙うも潰される。

54分、川崎の鮮やかなパスワークに翻弄される新潟。ゴメスのありえないパスミスからピンチを招くもなんとか凌いでカウンターを仕掛けようかと思ったら奪われて逆カウンターに。幸いシュートは枠を外れて難を逃れるがその後小林悠にシュートを撃たれたり、憲剛→エウシーニョのサイド突破からシュートに持ち込まれたりと危ない場面が続く。

57分、川崎選手交代。長谷川OUT→登里IN。

前半序盤からは想像できないほど一方的に殴られている新潟。タンキとホニが暇そうにしてる、かと思ったら思い出したように磯村がホニにボールを渡してホニ爆走。その後は慶がクロスでタンキを狙うもうまくいかず。

なんか大島の年間パス成功率は90%と驚異的な数字を弾き出している。オーストラリア戦で代表入りするかもね。

62分、川崎の左サイドから車屋→登里→エドゥアルド・ネット→車屋のマイナスクロスに憲剛が合わせて失点。もう、いちいちカッコよく仕留めてくるな。これで0-2となって厳しくなってきた俺たちの新潟。

2点差になって気持ちがきれたのかブロックがバラバラになっている。観てるほうの気持ちも切れそうだ。

65分、新潟はボール回しから川口が突破を試みるも登里に止められる。でもまだ俺たちのターンが続いてガリャにボールが入ると磯村に落としてナイスミドルを放つも川崎GKチョ・ソンリョンがスーパーセーブ。おまけしてくれよー。その後のコーナーキックでホニがタンキめがけてボールを入れるもタンキのヘッドは枠の外。その後も2連続でコーナーキックをゲットするが特に何も起きず。

68分、慶のインターセプトからタンキが突撃しようとするも足下にうまく収まらず。タンキ、ここまで攻守に走ってさすがに疲れてきたか。

70分、川口がボールを奪ってそのままドリブルで持ち込んで強烈シュートを放つもキーパー正面。これは惜しい!これ決めてれば失点の分チャラにしたのに。

川崎は最終ラインに5人の壁を作ってがっちりブロックの様子。

72分、新潟は磯村OUT→マサルIN。川崎は憲剛OUT→森谷IN。両者ゲームメイカーを下げる。磯村のナイスミドル決まったら気持ち良かっただろうな。

74分、入ったばかりのマサルは登里にあっさり抜かれる。もうちょっとがんばれ。

75分、ゴール前で圧力を高める新潟。マサル→ガリャ→ゴメス→マサルから最後はホニへスルーパスを出すとホニは圧倒的なスピードでボールを収めてクロスを上げると中で待っていたのはタンキ。タンキがシュートを放つも立ちはだかるのはまたしてもチョ・ソンリョンがビッグセーブ。チクショー!このプレイでタンキは頭をポストにぶつけて失神してるっぽい。このアクシデントでギュンと交代かと思ったがそのままプレイ続行するらしい。あんまり無理すんな。

79分、新潟はボールを奪ってカウンター発動。タンキガリャホニのブラジリアントライアングルが炸裂するかと思ったが特に何も起きず。川崎は5-4-1で完全に撤退戦。

80分、ホニOUT→ギュンIN。ホニは今日も圧倒的なスピードだった。次はなんとかゴールに結びつけてほしい。

81分、ギュンがボールを奪ってタンキに預けて再びギュン。ギュンのスピードで抜け出したかと思ったが谷口が魂のブロックで突破させず。惜しい!その後はマサルが持ち込んでシュートを放つも枠の外。

83分、貴章OUT→優汰IN。おかえり優汰。

84分、ゴメスのコーナーキックがタンキにスマッシュヒットするもまたしてもチョ・ソンリョンのスーパーセーブ。チクショー!チクショー!

85分、ラインを上げたアルビの裏にエウシーニョが襲い掛かるがシュートは枠の外。ギュンがボールを持ってシュートまで持ち込むが結果実らず。

87分、阿部OUT→エドゥワルドIN。川崎は完全な守備固め。

89分、優汰が細かいステップでサイドからドリブルで持ち込もうとするがうまくいかず。マサルからギュンへのスルーパスは惜しくもオフサイド。優汰のステップは何か起きそうでワクワクさせてくれるね。

アディショナルタイムは5分。5分あればまだ何が起こるかわからないぞ。

45+2分、ギュンが左サイドを突破するもブロックに引っかかる。最後は大武とジュフンも上がってパワープレイ。マサルのコーナーキックから優汰がアーリークロスを入れると大武にヒットするがクロスバー直撃。超惜しい!その後も慶のクロスでタンキを狙うがうまく合わず、そのまま試合終了。

なんというかチョ・ソンリョンに負けたような試合だった。良いキーパーがいるチームは強いね。新潟も攻撃の形はできているから次節大宮戦は爆発してほしいところ。

それにしても10戦勝ちなしか。うまくいかないなー。もう誰でもいいから勝ち点3をプレゼントしてくれよ!