僕の話を聞いてくれ

アルビレックス新潟のマッチレビューとかやってます。

アルビレックスキラー江坂任:J1第22節 アルビレックス新潟vs大宮アルディージャ

 今節はNACK5スタジアムにて現地観戦。大宮のスタジアムはいつも入場に手間取るんだよな。あれなんとかならないのかな?改善求む。

この試合負けると降格がほぼ決定付けられる6ポイントゲーム。現地に集まった2,000人のアルビサポーターのためにも勝ってくれ俺たちの新潟。

新潟の先発はGK大谷でDFは慶、大武、富澤、ゴメス、MFに磯村、マサル、貴章、ガリャ、ギュン、FWがタンキ。大谷は怪我が治って良かったね。ホニは試合終盤にジョーカーとして使う予定なのか。フォーメーションはいつもの4-2-3-1。

対する大宮の先発はGK加藤、DF奥井、菊地、河本、和田、MFマテウス、カウエ、大山、茨田、FWマルセロ・トスカーノ、江坂の4-4-2。カウエはなんか雰囲気あるなー。

新潟のボールでキックオフ。

3分、大宮のディフェンスラインに果敢にアタックする磯村。いいよー、気持ち伝わってくるよー。その後ガリャのロングスローをギュンが落としてタンキに渡りタンキが強引にシュートを撃つも加藤がブロック。コーナーキックをゲットするも何も起きず。

5分、大宮のパスをインターセプトしてカウンターを狙うもタンキにうまく収まらず。

7分、ゴール前で貴章がファウルを犯してしまい大宮のフリーキック。マルセロ・トスカーノの蹴ったボールは壁に当たり難を逃れる。

9分、最終ラインでボールを回す大宮の縦パスを狙ってましたと言わんばかりにギュンがインターセプト。マサルへ渡してクロスを上げるも繋がらず。直後に慶のインターセプトからシュートを放つもパンチは弱くキーパーが難なくキャッチ。決定機をちゃんと決めようぜ。

なんか双方とにかくミスが多くてさすが残留争いをしている両チームだなぁという印象。攻守の切り替わりのほとんどがパスミスによるもの。

12分、マルセロ・トスカーノの蹴ったコーナーキックがファーに飛んでカウエにヒットするも大事に至らず。危ない。

13分、ゴメスの縦パスに走るガリャ。相手ディフェンダーと競り合った結果ボールはゴールラインを割ってしまう。とここで主審がガリャに注意されてガリャは「ボクナニモシテナイヨー!」のジェスチャー。確かに何もしていなかったように見えたんだけどリプレイ確認すると手を使ったということなのね。厳しい。

14分、マルセロ・トスカーノがドリブルで持ち込むと何故か「どうぞどうぞ」と、どフリーにしてしまう新潟ディフェンス陣。易々とクロスを上げられるも僅かにカウエに遭わずピンチを逃れる。マジで危ない。

大宮は徹底したゾーンディフェンス。前線から必ず1人がプレスに行ってインターセプトを狙う。その対応に新潟は少々慌てている様子。ここまでのポゼッションは新潟31%で大宮69%、パス数も新潟38本に対して大宮は116本とスタッツは圧倒的に大宮。

17分、タンキのプレスでボールを奪ってガリャへ渡すも菊地がプロフェッショナルファウルで潰す。結果イエローカードが提示された訳だが、後ろから足をめがけて飛び込んでいる少々危険なプレイだった。プロフェッショナルファウルは危険度が低くなくちゃいけないぞ。このファウルでゲットしたフリーキックをマサルが貴章めがけて蹴り込むとイメージ通りに貴章が折り返して落ちたボールを富澤がシュートするも大きくバーの上。貴章の折り返しが完璧だったんだからキッチリ決めようぜ。

20分、マテウスへボールが入りそうなところをタックルで潰す富澤。球際で良い仕事をした。でもシュートはきめて欲しかったなぁ。

それにしてもタンキは電柱としてはあまり機能しない感じだな。もうちょっとターゲットで使えると思ったんだけど、今のところターゲットとしては貴章のほうが使える。

22分、ガリャが蹴ったコーナーキックはタンキの元へ飛んでいきドンピシャヘッド炸裂!かと思ったらキーパー正面でキャッチされる。惜しい!

23分、マテウスが単騎で攻め込んでくるも固くブロックする新潟。ガリャにボールが渡るもカウンターを取れず。もどかしい。

28分、マテウスと奥井のコンビネーションに崩されて大ピンチかと思ったら奥井がオフサイドの判定で難を逃れる。ヒヤリとした。

大谷が蹴るゴールキックは全て大宮の河本に弾き返される。これ、正直厳しいなぁ。タンキが河本に勝てないってことは他のチームのセンターバックにも勝てない感じだよなぁ。

34分、茨田→奥井と繋いで最後はカウエのヘッドがクリーンヒットするも大谷の正面でキャッチ成功。もう完全に崩されてる俺たちの新潟。

38分、マテウスがゴリゴリとドリブルしながらゴール前へ。そこへダイアゴナルランで飛び込んできたの和田がヒールで落とすと待っていたのはマルセロ・トスカーノ。もう駄目だと思った瞬間、富澤が決死のブロックでゴールを許さない。富澤にいいね!いや、超ピンチだったぞ。直後の大宮コーナーキックのこぼれ球を新潟が繋いでギュンの前に運ぶもブロックに遭う。惜しい!その後ガリャのロングスローを貴章に合わせるが何も起きず。ガリャのロングスローはもっとこうギュイーン!と飛ばないものかね。

カウエはボランチなのかフォワードなのか良く解らない。フォワードやりたいのに鎖に繋がれた犬みたいな状態。本人攻めたいんだろうな。

42分、カウエ→和田→茨田の落としから再び和田でシュートを撃たれるも職人磯村がナイスブロック。もう簡単に崩されすぎている俺たちの新潟。なんであんな簡単にキーパーの目の前の茨田にボールを入れられるのかと。

43分、クリアのロングキックをタンキと菊地が競ったらタンキの上に菊地が乗っかって頭から落ちてしまうという惨事でホイッスル。判定はタンキにイエローカードで菊地は動けず。新潟サポーターから超絶ブーイングが発せられるがタンキはボールにチャレンジしていないというジャッジっぽい。菊地が動けないけど大丈夫かね?場内は菊地コール。

アディショナルタイムは3分。

45+2分、ガリャがドリブルでスルスルと抜け出してボールをマサルに預けるとゴール前はガラ空きの状態に。いけー!シュートだー!と思ったらマサルはサイドの貴章へ優しいパスをチョイス。いや、そこは撃っとかないと駄目だろう。

菊地復帰。

45+3分、前半最後のコーナーキック。ガリャがニアに低くて速いボールを蹴り込むも誰も触れず前半終了。

チャンスは大宮のほうが多い印象だけど新潟もいくつかチャンスはあった。後半に期待。

大宮のボールで後半キックオフ。

後半開始早々にカウエ、マテウス、茨田のパスワークで切り込まれると最後はマルセロ・トスカーノがフリーでカウエにクロスを供給するも合わせることができず結果助かる。危ない。

前半よりもプレスをさらに強めている大宮。勝ちたいという気持ちが伝わってくるね。

48分、マサルのフリーキックを貴章に合わせるも河本に弾かれる。河本空中戦超強い。

52分、左サイドでタンキがボールを受ける振りしてターンで抜け出そうとするがファウルで止められる。菊地の危機管理が素晴らしかった。ゲットしたフリーキックをマサルが蹴って貴章を狙うがボールに触れることはできず。なんかマサルのキックは自信無さげなんだけど気のせいかな?

56分、悠々とボールを回す大宮と受けるだけの新潟。と思ったらゴメスがボールを奪ってギュンへ供給すると左サイドを駆け上がって一気にクロスを上げるが明後日の方向に飛んでいく。利き足じゃなかったからしょうがない。

58分、カウエの突破をうまく防いだ磯村にファウルの判定。村上主審に詰め寄る磯村。まぁ、今日の村上主審はジャッジが曖昧だったよね。選手がイラつくのも無理はない。その後大宮のカウンターを浴びるが大武が落ち着いて対応。

60分、中盤でボールを奪うとガリャが持ち上って右サイドの貴章へ預けるも大宮ディフェンダーにクリアされてコーナーキックへ。ガリャが鋭いボールを蹴り込むと貴章のヘッドにジャストミート!これは決まったと思った瞬間ゴールライン上には江坂が仁王立ちで決死のブロック。チクショー!今日一番のビッグプレイだった。

62分、ガリャのスルーパスに慶が反応するもオフサイド。慶はオフサイド判定認識後にシュートを撃ってしまいイエローカードを提示される。もったいないなぁ。

65分、大宮は茨田OUTで大前IN。攻めの姿勢を出してくる大宮。

66分、大宮ゴールキーパー加藤のパスミスを貴章がインターセプトして大チャンス到来かと思ったらボールをうまくコントロールできずロストしてしまう。あわてんぼうの矢野貴章

68分、前線でタンキがボールを奪ってシュートするもブロックに遭う。その後ガリャのロングスローは貴章めがけて飛んでいき、落としたボールをギュンがシュートを撃つも枠を捉えられず。そんな中ボールパーソンがもたついていることに意見した優汰にイエローカードが提示される。珍しい光景を観てしまった感半端ない。

71分、磯村OUTでホニIN。ここで磯村下げるとか博打に出たのか?いくつかポジション変更するんだろうけど守備が崩壊しないか不安でしょうがない。

73分、大前の蹴った鋭いフリーキックをクリアしきれずボールは江坂の元へ。江坂は落ち着いてボールをコントロールすると左足一閃のボレーシュートが新潟のゴールネットを揺らす。大きなため息が出る新潟サポーター、大歓声の大宮サポーター。前回に引き続き今回も江坂にやられたな。これ、フリーキックの空中戦で富澤が河本に勝てなかったのが痛かったな。

75分、ホニが1人で持ち上ってシュートを放つも枠の外。ガリャ、貴章、ホニ、慶のポジションチェンジがあったけどうまくいっているとは言い難い。

77分、大宮、奥井OUTで岩上IN。

78分、ギュンOUTで優汰IN。タンキOUTで河田IN。なんかポテンシャルが上がっているように思えない交代だけどメンバー最大限使ってこれなんだからしょうがない。

79分、大宮、マテウスOUTで山越IN。3バックというか5バックで完全守備固めに入る大宮。

80分、ガリャのスルーパスに反応したホニだがボールを収められず。もう無理にチェイシングせずに後ろに引いてがっちりブロックを作っている大宮。これ、崩せるのかな?

81分、優汰の切れ味鋭いドリブルを止められず思わすカウエがファウル。いい位置でフリーキックをゲットしてホニが直接狙うがボールは壁に直撃してしまう。

83分、ガリャの蹴ったコーナーキックは大武に合うもバーの上。惜しい!

圧倒的に攻める新潟、撤退戦を決め込んでブロックを固める大宮という展開に。残り時間で大宮のブロックを破ることができるのか俺たちの新潟。

88分、ホニが右サイドを突破してクロスを上げて河田がシュートするもバーの上。惜しい!圧力高まってるよ!

ずっと攻め続けている新潟と全員下がって守る大宮。1点が遠い。何度クロスを入れてもゴールを割れない。

アディショナルタイムは4分。

90分、優汰のシュート性のクロスに貴章がヒールで合わせようとするが空振りに終わる。

90+2分、ペナルティエリア脇でホニの突破を止めようとたまらずファウルしてしまう大宮。マサルの蹴った速いボールは大宮の壁に弾かれる。

こんだけ攻めてるんだから1点くらいおまけしてくれよー。

90+4分、コーナーキックをゲットしてラストチャンスという雰囲気。大谷も上がってくるがベンチに止められる。いや、これ上がってきてもいいんじゃね?と思ったらカウンターを受けて下がっていた大谷がクリアする。結果オーライ。

が、ここで試合終了。重要な6ポイントゲームを落とした俺たちの新潟。降格の二文字が目の前に迫ってきてしまった。

もう失うものは何もないはずなので残り12節どうやって楽しもうかね。残り8勝3敗1分くらいで残留できるから次節以降も期待していこう!(棒読み)