僕の話を聞いてくれ

アルビレックス新潟のマッチレビューとかやってます。

ラスト10分の興奮を君に:J1第27節 アルビレックス新潟vsコンサドーレ札幌

ほぼ降格が決定してしまっている俺たちの新潟。今日の相手は同じく残留争いの渦中にいる札幌。今日こそは勝ちたいところだけど札幌はホームでめっぽう強いんだよね。タンキが欠場で戦力ダウンしてしまっているが熱い戦いをみせてほしい。

スタメン。

GK大谷、CBジュフンとカンペー、SBゴメスと慶、ボランチ磯村とマサル、SHホニとギュン、トップ下は小川のFW富山のワントップ。いつもの4-2-3-1。そういやゴメスは初凱旋か。

札幌はGKク・ソンユン、DF横山、菊地、福森、MF兵藤、宮澤、チャナティップ、早坂、石川、FWヘイス、ジェイ。都倉はベンチスタート。

札幌のボールでキックオフ。

なんだかカンペーがスイーパーっぽいポジション?センターバック2枚が下がり目でサイドバックとギャップを作ってその中にマサルが落ちてくるという形で新しいブロックのように見える。フォーメーション的には2-3-1-3-1みたいな。マサルと磯村が横に並ばないで縦に並んでいる。

2分、ホニが単騎で突っ込んで勢いを出す。ホニのスピードにステータス全部振ってます感はいいね。

7分、ディフェンスラインを崩されて決定機を作られるも大谷のナイス飛び出しで事なきを得る。いや、完全にスルーパス通されてたけど。危ない。

10分~13分、マサルと磯村は縦に並んでいる訳だけど、マサルが上がると代わりに磯村が下がるという約束事になっているっぽい。センターバックの前を突破されないようにするためのシステムなのかな?センターバックまで持ち込まれる前にボールを狩る意図があるのかもしれない。

ジェイのフィジカルが超強い。敵ニックもあるし要注意や!

16分、小川のナイステクニックから左サイドのゴメスへ。綺麗に通ったもののクロスはブロックされる。

20分、ジュフンがインターセプトしてギュンがクロスを上げるて富山が果敢に突っ込むがボールに届かずク・ソンユンと激しくクラッシュ。スローで見ると富山がク・ソンユンの顔面に飛び蹴り喰らわせている形に。このプレイで富山にイエローカード。その後、ク・ソンユンが動けなくて5分間中断して無理との判断で札幌はキーパー交代で金山がIN。札幌は想定外の交代を強いられることになる。

29分、インターセプトの狙いは良かったけどファウル判定でゴール正面のフリーキックを与えてしまう。この間にクラッシュした富山も負傷で交代を余儀なくされる。1枚しか用意していないフォワード河田を投入することになり両チームとも想定外の交代となる。守田貸してあげるから都倉貸してください。

さて、このフリーキックを蹴るのは福森。スペシャルな左足を持つ男である。電光石火の左足で蹴ったボールは枠外だったがやっぱり良いものを持っているな。

34分、札幌はロングボール爆撃に戦術を変更する。これ、肉体的にも精神的にもキツイんだよね。一方新潟はパスを繋いで持ち上るが札幌の5バックの壁を崩せない。

40分、ゴメスにイエローカード

43分、河田のキープから右サイドのホニが45°の角度からシュートを放つも枠の外。

45分、ホニのインターセプト。ホニって攻撃のイメージが強いけどこの形のインターセプトが上手いんだよね。

アディショナルタイムは6分。

45+5分、シミュレーションのギュンにイエローカード。これは擁護できないレベルのシミュレーション。もうちょっと上手くやろう。

45+6分、札幌のセットプレイ。福森の蹴ったボールをジェイがお手本のような折り返しをして早坂のシュートが突き刺さる。すべてがお手本のようなセットプレイで失点。磯村がジェイに競り勝てなかった時点で決まっていたね。ほんと、セットプレイに弱いな。

ここで前半終了。内容は5分だけど結果は札幌という状況に。

後半新潟ボールでキックオフ。

47分、福森のコーナーキックからジェイが打点の高い折り返しをして波状攻撃を繰り出してくるが何とかクリアする俺たちの新潟。福森、フリーキックだけなら代表レベル。

52分、慶のまずい守備でこぼれたボールをジェイが正面から蹴るも枠の外。

もう両チームぐちゃぐちゃでフォーメーションも何もない感じに。いわゆる塩試合の展開が続く。

50分、磯村のナイスミドルはキーパー正面。

56分、札幌のフリーキック。蹴るのはもちろん福森、と思いきやまさかのヘイス。これがゴールに吸い込まれて0-2となる。塩試合を観せられて結果も散々でマジ辛い。

58分、ギュンのアウトサイドに反応した河田だったがオフサイドの判定に。リプレイみたらオンサイドだったね。その後はボールを握り続ける新潟。最後はギュンがシュートを放つが枠の外。

65分、福森のフリーキックにジェイが合わせるも枠の外。福森とジェイの組み合わせはなかなか厄介。都倉だともっと厄介なんだろうか。

66分、ゴール前を崩して磯村が突撃するも不発に終わる。なかなか綺麗な攻撃だったんだけどな。ここで小川OUTの優汰IN。ポジションはそのまま。

73分、ゴール前で圧力を掛けるもゴールを割れない俺たちの新潟。でもなんか点が入りそうな雰囲気がしてきたよ。札幌は全員引いて撤退戦の構え。

75分、プレスの弱い札幌ディフェンスを悠々とドリブルで突破していく優汰だったがフィニッシュのシュートはゴール正面。

76分、新潟は終盤になってもボールの奪いどころがブレていない。狙いは良いんだけど繋がらないもどかしさ。

80分、磯村のナイスミドルはキーパー金山がナイスセーブ。いや、このシュートかなり落ちてるんだけど金山は良く防いだ。このプレイでゲットしたコーナーキックをホニがふんわり上げると河田の頭に当たってふんわりシュートで、これがふんわりゴールに吸い込まれて1点返した!河田やったね!もう1点いこうじゃないか。

81分、マサルOUTでノリIN。

84分、前線のホニの動きに反応したロングボール。繋がらなかったけどこれは良いプレイだった。

87分、ホニのコーナーキックからギュンがオシャレヒールで強めに流して慶がグラウンダーの早いクロスを入れると真ん中に飛び込んできた河田がまたしてもゴール!これ、美しかった、マジでビューティフルゴール。何度観ても興奮するんだけどさ、こういうのもっと観せてくれよ俺たちの新潟。河田はこのままハットトリックいってしまえ。

逆転しか狙っていない新潟。ホニが気合で飛び込むが届かない。でも君の想いは僕らに届いているぞ。

アディショナルタイムは5分。逆転じゃー!

90+2分、ホニがフリーでクロスを上げて河田に合わせるも枠の外。サッポロのディフェンスが緩くなっているからチャンスだぞ。

90+4分、カウンターを受けるも稲本のシュートは枠外。危ない!

そんな中で試合終了のホイッスル。

途中まで絵にかいたような塩試合だったんだが終盤は非常に楽しめて満足のいく試合だった。河田にはもう1点取ってもらってニューヒーロー誕生というストーリーに期待したかったな。

正直ここまで圧倒的に最下位だと残留争いでハラハラすることもなく結構落ち着いて観ていられるものだね。こっちのほうがむしろ精神的に良いのかもしれないとおもったり。

それにしても福森の左足は本当に良いな。上位のチームでフィットするようなら移籍したほうが良いんじゃないかな。川崎じゃあんまり活きないような気がするから強力な電柱タイプのフォワードがいるチームに移籍すると良いかと。という風に考えると都倉とジェイのいる札幌っていうのはその条件を十分に満たしているんだよな。鹿島、神戸、鳥栖あたりに行くと面白い存在になれるかもしれない。他のチームはスペシャルなキッカーは大体左なんだよね。なんなのこの良いキッカーは左足説。

それじゃ、次節神戸戦も楽しませてくれよな。

余談。

iOS11でScreen Recordingっていう録画機能が付いたからDAZNの画面キャプチャして解説動画作ろうとしたんだけど、肝心の試合が始まるとそこから録画できないようになっていたというオチで。当然といえば当然なんだけどアップルは著作権対策うまくやってるなぁ。サッカー系ブログの動画キャプチャはやっぱりキャプチャーボードなのかね?しょうがないからスクリーンショットで我慢するしかないか。