僕の話を聞いてくれ

アルビレックス新潟のマッチレビューとかやってます。

ポドルスキは優等生:J1第28節 アルビレックス新潟vsヴィッセル神戸

スポーツニュースで「残留争いの渦中にある新潟」って紹介されるんだけど俺たちの新潟は残留争いに巻き込まれてなんかいないぜ。残留争いに参加させてもらえてないんだよ!

もう書くの面倒くさいのでスタメンは省略。河田が前節の活躍から先発で、大武が控えにもいないというのが注目ポイント。河田は序列の富山をすっ飛ばしての初先発。タンキを押しのけての先発は素晴らしいから川又がブレイクしたときみたいな活躍を見せてくれ。 そういえばジュフンは代表選出おめでとう。

新潟のフォーメーションは4-2-3-1で神戸は4-4-2かな。ポドルスキに注目。

前半新潟ボールでキックオフ。

1分、いきなりギュンの絶妙スルーパスから河田のビッグチャンス!が決めることができず。これは惜しかったけどストライカーなら決めないといけない。河田の特徴いまいち良く解らなかったんだけど裏抜けタイプなのかね?

3分、立て続けにゲットしたコーナーキックを小川がファーに蹴るとカンペーがインサイドでボレーシュートするもクロスバー直撃で非常に惜しい!なんだよ、開始3分で2点かよ。

新潟の守備はプレスが緩い。体力温存なのかもしれないけど簡単に縦に運ばれすぎ。対する神戸は強固なブロックを形成、かと思ったらホニが縦に抜け出した。

10分、ホニの爆走から裏の河田を狙うもボールはカットされる。無理っぽいパスだった訳だけどもっと丁寧に通してほしかった。

神戸は4-4-2でブロックしていて新潟のサイドハーフにボールが入るとゾーンプレス発動という守備。奪いどころがはっきりしている。

11分、ギュンのクロスが神戸のディフェンスに当たって跳ね返りを小川が押し込もうとするも僅かに枠の外。なんだよ、開始10分で3点決まっているじゃないか。このシーン、小川の裏にはしっかり河田がポジショニングしていて攻撃の形としては非常に良い状態。

坊主頭のゴメスがどうしても品川庄司の品川に見えてしまう。

神戸の攻撃はサイドバックを1枚上げて3-5-2みたいな形になっているのかな?両サイドバックが同時に上がることもある。ポドルスキは割とフリーダムに動いていて、これ、神戸の可変システムがカッコいいんだけどネルシーニョ時代の名残なのか現監督のシステムなのかが気になるところ。

新潟はタンキがいないと空中戦に全く勝てない。タンキ河田の4-4-2がいいんだけど、そうすると小川が活かせなくなるというジレンマが生じる。

22分、ホニがエンジン全開で走り抜けるも神戸ディフェンス陣に止められる。ホニ、来年はガンバか鹿島あたりでプレイしてそう。ポテンシャルは十分だと思う。

27分、ホニのクロスはわずかに小川に合わない。というか神戸藤谷のナイスディフェンスだった。

28分、カンペーのナイスミドルが飛び出すも僅かに枠の外。惜しい!カンペーのストライカー感が半端ない。

ポドルスキは本当にフリーダムに動いている。落ちて守備もするし、まさに模範となるプレイヤーで三木谷さんは良い買い物をしたと思う。

32分、ペナルティーエリア内に持ち込んだ磯村が強烈シュート!と思いきやギュンへ高速グラウンダークロスを供給するも決められず。スタジアムにいる全員が騙された磯村のスーパープレイ。決めればベストゴールにノミネートされたと思う。このプレイで大盛り上がりのビッグスワン

33分、ホニにイエローカード。今季7枚目ということらしいけど多すぎじゃないか?

34分、ポドルスキがスーパースルーパスを狙うが新潟がきっちりブロック。いや、これ通ってたら神プレイだった。優等生ポドルスキ

新潟は神戸の左サイドバック三原が上がったところを突ければ良い訳だけどなかなか上手くいかない。三原はノーチェックだったけど非常にいいね。と思ったら三原の上がったスペースを慶が突いてチャンスメイクするがゴールに結びつかず。

アディショナルタイムは1分。特別何が起きる訳でもなく前半終了。

神戸ボールで後半キックオフ。

47分、サイドに張っていた河田がボールを受けてターンしながらディフェンスを振り切ると俺イズム全開でシュートまで持ち込むが枠の外。河田のギラギラしたプレイにいいね!

51分、ゴメスの河田を狙ったフライスルーはオフサイドの判定に。リプレイ確認したらオフサイドじゃなかったっぽい。

52分、ポドルスキの絶妙スルーパス田中順也が決めきれず。危ない、というかこれはまたしてもポドルスキのスーパープレイ。田中順也のマークでディフェンダーの視線が一瞬だけ外れたところを狙ってのスルーパス。ディフェンスはボールを見失う形になるから守りにくいことこの上ない。スルーパスのお手本と言って良いプレイだった。

53分、神戸コーナーキックがゴメスの頭にジャストミートして新潟オウンゴールで失点。ドンマイ。

ポドルスキは何気ないプレイ1つ1つが美しい。ボール受ける時の反転トラップとか少年サッカーでパパコーチしている人は教材として使うと良いぞ。

61分、渡邉千真のナイストラップ→シュートを韓国代表のジュフンがナイスブロック。代表!

62分、新潟選手交代。マサルOUTでタンキIN。これが観たかったタンキと河田のツートップ。果たして化学反応は起きるのか。フォーメーションは磯村1ボランチの4-1-3-2かな?

交代直後から早速飛び出たタンキの空中戦。やっぱり強い。

65分、ゴール正面から小川がフリーキックを蹴ると磯村が仕事人ぶりを発揮して折り返すがタンキはシュートを決められず。惜しい!

66分、神戸選手交代。小川慶治朗OUTで大森IN。今日も馬車馬のように走っていた小川。怪我さえなければサイドのハードワーカーとして代表にフィットしたかもしれないだけに残念なキャリアになっちゃった感が否めないけど俺は好きだよ小川慶治朗

67分、小川→タンキと繋いでホニのクロスが入るもののゴール前に誰もいない俺たちの新潟。そこに飛び込まないと駄目だぞ河田。

68分、落ちていたタンキにボールが収まり重戦車が発進して思い切りのよいシュートを放つも枠の外。

70分、小川のコーナーキックからジュフンの強烈ヘッドも神戸キーパーのキム・スンギュがビッグセーブ!詰めていたホニはオフサイドになったけどホニのシュートもしっかりセーブ。こんちくしょう!

71分、ギュンがギュンギュン音を鳴らしながら左サイドを突破する。いいよー。

73分、新潟選手交代。河田OUTで優汰IN。河田はポテンシャルをしっかり見せてくれたけどタンキとの相性は見ることができず。今後はポジショニングと裏抜けに特化したストライカーに成長してほしい。

74分、高橋OUTでニウトンIN。

気が付けば優汰がフォワードから左サイドハーフへ。4-1-4-1っぽいのかな?

80分、神戸選手交代。藤谷OUTで伊野波IN。新潟も小川OUTでノリINという選手交代。

フォーメーションをトランスフォームする新潟。ホニが左サイドハーフで優汰が右サイドハーフ、タンキとギュンの2トップという形に。今日は呂比須監督の指示がちゃんと伝わっているみたいだね。選手達が自己判断で対応していたりしたら嫌だ。

この時間帯になっても落ちて全力守備のポドルスキ。マジお手本だし優等生すぎるだろ。

88分、ポドルスキペナルティーエリア手前でボールを持つと細かいタッチのドリブルを仕掛ける。そのまま超絶個人技であっという間にスーパーゴールが炸裂して0-2。ポドルスキのキックフェイント半端ない。神戸サポが正直うらやましい。

アディショナルタイムは4分。

90+1分、磯村のナイスミドルもキム・スンギュがビッグセーブ。キーパー当たってるなぁ。

90+4分、攻め込む新潟。こぼれたボールを磯村が今日3本目のナイスミドルを放つが、キム・スンギュが今日何本目かわからないビッグセーブを披露してゴールを割れない。一体なんなんだよ、もう。

そのまま試合終了。

降格は免れない俺たちの新潟。来シーズンをどう戦うかという姿勢に切り替えて観ているんだけど河田は良い材料だね。ホニ、タンキ、大武、磯村が残ってくれると仮定して、傭兵小川のポジションを小塚に対応してもらえば戦い方としてはそんなに悪くないんじゃないかと思う。でも、千葉とか京都があれだけ苦しんでいるところを見るとJ2というところは全くの別物で今の新潟のスタイルがうまく嵌らないという可能性も十分ある訳で。まぁ、それならそうで戦術タンキにすればなんとかなるような気がしないでもない。ホニとタンキは来シーズンも是非残って頂きたい。ホニのスピードもJ2で契約してくれる相当日本人選手はいないはずなのでフロントはホニとタンキの契約に全力を掛けてほしい。あ、呂比須監督はこのサッカーを続けるなら1年継続しておいたほうが良いかと。森保監督はオリンピックに獲られちゃったから呂比須以上の監督とか今の新潟のフロントは連れてこれないでしょ。来シーズンはまじめに編成お願いします。

神戸、ポドルスキの獲得は大当たりだね。スナイデルも狙っているらしいから三木谷さんはこの調子でどんどんJリーグに絡んでほしい。他の上位クラブもDAZNマネーで積極的に大物狙ってください。Jリーグスキーからのお願いだよ。

他のクラブが眩しく見えてしまう新潟サポーターからのお知らせでした。