僕の話を聞いてくれ

アルビレックス新潟のマッチレビューとかやってます。

ビッグスワン行き、勝ち点1という名の切符:J1第30節 アルビレックス新潟vsジュビロ磐田

前節乗り切ったJ2降格だが今節も状況は変わらず残留の掛かった試合、どうなることやら。

先発には調子の良い河田と出場停止のギュンに代わって優汰。磐田は中村俊輔のキック、元新潟の川又と大井健太郎にも注目。それにしても磐田は攻撃陣にタレント揃ってるね。フォーメーションは新潟4-2-3-1の磐田は3-4-2-1。

磐田ボールで前半キックオフ。

1分、早速俊輔のフリーキックを挨拶代わりに蹴り込まれるが、きっちりクリア。新潟はセットプレイを与えないことが大切だ。

5分、小川が自陣でインターセプトしてゴリゴリ持ち上って最後はマサルがゴールに突っ込むも得点には至らず。これは迫力のある良い形だった。

新潟は攻撃のターンになると慶とゴメスの両サイドバックを上げて攻撃的な姿勢を見せている。やる気満々でいいね!

9分、優汰にボールが入って得意のドリブル発動かと思ったが不発に終わる。3バックの脇を突いた優汰のポジショニングとか狙いは良かった。

10分、ホニの思い切りの良いシュートはバーの上。

12分、河田のロングスロー。というかロングスロー持っていたのか。ガリャより飛んでるんじゃない?

ジュビロは3バックの脇のスペースに対応し始めている。新潟の最終ラインからのロングフィードに合わせて素早く5バックにすることでボールを通させない。

15分、高橋から川辺へスルーパスを通されて大ピンチとなるもシュート性のクロスはゴール脇を逸れていき難を逃れる。危ない!

17分、慶の気迫の球際からボールを奪って最後は河田がフィニッシュを狙うもキックが弱い。このプレイ、慶の球際は魂を焦がしていたね。痺れる。

なんだかボールを握っている時間が長い新潟。よくわかんないけど強者のサッカーを展開している。

24分、俊輔のキックがいちいち美しい。左のアウトサイドで新潟のディフェンス2人の狭い空間をピンポイントで通して受け手をフリーにしている。これは俊輔にしかできないプレイ。素晴らしい。

26分、マサルがゴール前でドタバタしてやっぱり俊輔とはちがうよなーとか思ったらボールが磐田ディフェンダーに当たってこぼれ球をホニが決めた!なにこのラッキーゴール。でも、ホニの気迫があったから決まったゴールとも言える。磐田からしたらアクシデントみたいなゴールだけど結果オーライ。俺たちは泥臭くいくぞ!

ゴールが決まって1,100人の新潟サポの声も大きくなる。ラーラララララララー おー 新潟!

29分、磐田に押し込まれてファウルが多くなる新潟。ペナルティエリア付近は気を付けて。

30分、慶から河田へのロングフィードオフサイドオフサイドにはなったけど河田の持ち味が良く出たシーンだった。

32分、アダイウトンと川又にガンガン突っ込まれるも磯村が決死の守備。その後、優汰のナイスミドルが飛び出るが枠の外。惜しい!

河田はポジションこそ1トップだがちょっと下がり目でボールを受けて両サイドを上がるホニと優汰に散らす役割を担っている。河田はトップで張っているよりこっちのほうが活きる感じがする。全体的には磐田のゾーンプレスを右サイドから左サイドへ大きくサイドチェンジしてうまくかわすことができている。サイドチェンジ先のゴメスと優太が今日のキーマンになってくるかもしれない。一方ディフェンスはライン間をコンパクトにしてパスを通させない意識を強くもっている。ガンガン攻め込まれてるけどね。

37分、ジュフンのクリアミスからの川辺ミドルは枠の外。

38分、新潟ゴール前で磐田にフリーキックを与えてしまう。蹴るのは当然俊輔。ピンポイントで大井健太郎に合わせられてあっさり同点に追いつかれてしまう。磐田のお家芸炸裂という印象しかない。あれほどゴール前でファウルしちゃだめだって言ったじゃん。

42分、またしても与えてしまったゴール前のフリーキック。俊輔のキックを何とか凌いだけど直後の守備の乱れからムサエフにナイスミドルを撃たれてしまうしまうも大谷が掻き出す。超危ない!

43分、自陣ゴール前で俊輔から気合でボールを奪ったホニ。早く外に蹴りだせばいいのになぜか中に入る形のドリブルを始めてしまう。結果として櫻内のイエローカードを誘発したけど、このプレイは少年サッカーでもやっちゃいけないレベルのNGプレイ。もしあそこで櫻内に刈り取られたりしていたら取り返しがつかないことになっていたぞ。

アディショナルタイムは2分。

45+1分、押し込まれると7バックくらいで壁を作る磐田。で、ボールを奪ったらカウンター発動。徹底しているなー。

45+2分、右サイドでホニが粘って俊輔からボールを奪って即座に速いクロスを入れるとそこにポジションを取っていたのは河田。河田がダイビングヘッドで飛び込むとボールもゴールに飛び込んだ。物凄く綺麗なゴールが決まって2-1!ホニの粘りもクロスも素晴らしかったし河田のポジショニングも素晴らしかった。すべてが噛み合ったビューティフルゴールといっていい。これは気分がいいぞ。

いい形で前半終了。スタッツは5分。イケてるぞ俺たちの新潟。

後半、新潟ボールでキックオフ。

新潟サポの声が良く出ている。俺たちがついてるぜ新潟! 伝えたい この想い アイシテル新潟!

46分、アダイウトンを倒してあわやPKかと思ったけどノーファウル。新潟にとってはナイスジャッジ。

48分、小川か河田かどっちかわかんなかったけど優汰へのスルーパスオフサイドの判定。優汰はギュンとタイプはちょっと違うけど代役を十分に果たしている。今後は代役で終わらないでレギュラーを掴み取ってほしい。

51分、磐田のクロスから川又がヘッドで落としてこぼれ球をムサエフがナイスミドルで狙うが僅かにゴール左に逸れていく。危ない。

他会場の結果が知らされて、今日は引き分け以上なら降格持ち越しという形にできるとのこと。引き分けじゃなくて勝って終わりたい。

55分、前半からアダイウトンとホニのマッチアップが熱い。前節の藤春に続き、ホニが「お前には負けない」オーラを出しているのがいいね。守備と攻撃両方大変だけど頑張って。

河田が落ちてボールを受けるとなんかリズムが出る。河田が落ちると両サイドが上がる、これは決めごとなんだろうね。

57分、磐田が完璧な崩しで左サイドからフリーでクロスを上げるもゴールは割れず。敵ながらこれは美しい攻撃だった。

58分、河田が落ちて受けて右サイドのホニにスルーパス。ホニがクロスを上げて小川でフィニッシュを狙うも結果実らず。でもいい形だったぞ。河田が良くはまっている。

60分、磐田の超カウンターに耐え切れずゴール前でファウルしてしまう新潟。もうやめてくれと言いたくなるが俊輔のキックは容赦せずに嫌らしい場所に蹴り込まれる。が、何とかクリアして難を逃れる。これは心臓に悪い。

62分、カンペーがムサエフにアフター気味にアタックしてしまいイエローカード

64分、磐田選手交代。一度に2枚。俊輔OUTで松浦IN。ムサエフOUTで山田IN。攻める気満々の磐田。俊輔は下がった訳だけどリトル俊輔こと川辺がいるからまだやっかいなんだよね。山田は右サイドに入って松浦はトップ下っぽい。

66分、高橋から川又にパスが通るかと思ったら磯村が気合のナイスブロック。高橋は今日何本もいいパスを出しているから今後も注意が必要。

69分、新潟選手交代。優汰OUTでノリIN。優汰、キミはもっとできる子のはずだからとりあえずがんばれ。今日は及第点。

70分、アダイウトンには絶対ボールを渡さないメンズの慶ホニ磯村トリオ。ここまで完璧な仕事ぶりを見せている。

73分、磐田は疲れてきたのかプレスの強度が落ちて間延びしてきている。新潟はワンチャンスあるかもしれないけど失点しないように気を付けて。

75分、新潟のカウンター発動。河田からホニへスルーパスしてホニがシュートを撃つも枠の外。いい形だったからシュート精度を高めていこう。

76分、磐田選手交代。川辺OUTで上田IN。磐田は次から次へとキッカーが湧き出てくる。チーム名波って感じ。

81分、アダイウトン絶対潰すマンの慶が高い位置でボールを奪って最後は小川のミドルが飛び出すもキーパー正面でキャッチされる。惜しい!

84分、磐田のナイスコンビネーションからの川又のシュートは大谷ががっちりキャッチ。

お願いだから残り時間凌いでくれ。

86分、新潟選手交代。慶OUTで貴章IN。アダイウトン絶対潰すマンの仕事ぶりは完璧だったぞ。素晴らしい!貴章は引き続きアダイウトン絶対潰すマンの対応頼むよ。

87分、新潟のカウンターでノリにボールが渡るも推進力が出せず。その後ホニが河田にスルーパスを通すがゴールを奪えず。

88分、新潟選手交代。小川OUTで和成IN。明確な守備メッセージだけど5-4-1とかにするのかな?パワープレイ対策としても機能するはず。

アディショナルタイムは5分。なげぇ...

90+1分、ホニが自爆で転んだだけなのにゴール前でファウル貰ってお得感満載。せっかくならペナルティエリア内でやってほしかった。

90+3分、今日何回目かわからないゴール前でのファウルをしてしまう新潟。俊輔はいないけど磐田には松浦や上田とキッカーは揃っているので注意が必要。お願い凌いで。

上田が蹴ったボールは放物線を描いてアダイウトンの頭にジャストミートして新潟のゴールネットを揺らしてしまう。ここまで完璧に抑えていたアダイウトンなのに。貴章と和成を入れてパワープレイ対策もしたはずなのに。今日は采配ミスもなく選手たちのプレイも120%の出来だったのに!

そのまま試合終了で勝ち点3が零れ落ちる。

勝ちたかった、本当に勝ちたかった試合だったけど、こういう展開も含めてサッカーというものだ。とりあえず数字上は降格が決まらないままビッグスワンに帰れるのでそこでのドラマに期待しようじゃないか。

河田の動きが試合ごとに良くなっていてタンキの存在感が薄れつつある。両者はタイプが真逆だからうまく共存できる方法を考えてほしい。で、アダイウトン絶対潰すトリオは本当によく頑張ってくれて心に響くものがあった。ああいうのをこれからも毎試合観せてほしい。それにしてもジュビロのセットプレイが強力過ぎて脱帽。俊輔はやっぱり凄いわー。

残念な結果だったけど、後味の良い好ゲームでした。