僕の話を聞いてくれ

アルビレックス新潟のマッチレビューとかやってます。

エンドロール未だ流れず:J1第31節 アルビレックス新潟vsサガン鳥栖

勝っても他会場の結果次第では降格という崖っぷちの状況にある新潟。ビッグスワンで勝って降格でも受け入れる準備はできているけどね。

新潟のメンバーには鳥栖からレンタル中の小川と富山が入っている。出場禁止のこと契約に盛り込まなかったのかね?珍しいケース。スタメンには和成がこの終盤になって完全復帰。河田は完全に定着している。控えにはタンキ、達也、富山とフォワード3枚を用意していてやる気を感じさせてくれる布陣。

鳥栖の注目は原川、小野、田川の若手たち。あとは吉田かな。イバルボ観たかったけど怪我か何かで欠場していて残念。鳥栖はすっかりJ1に定着しているなぁ。僕らは今日にも旅立ってしまうけどね。

フォーメーションは新潟はいつもの4-2-3-1で鳥栖は4-3-2-1。

前半、新潟ボールでキックオフ。

序盤は圧倒的に新潟がポゼッション。ずっとボールを握り続けている。これが鳥栖の罠でないことに期待したい。

3分、河田が鳥栖ディフェンスの裏を狙うがボールが長すぎて届かない。河田はディフェンスラインの4人を1発で無力化することができるようになるんじゃないだろうか。今後の成長を期待せずにいられない。

6分、ホニ対吉田のマッチアップは吉田がホニのスピードを殺して上手く防ぐ。ホニは新潟のストロングポイントでどのチームも対策してくるから毎試合見どころになるね。

9分、ホニへ良いサイドチェンジがあったものの雨に足を取られてチャンスメイクならず。

11分、ホニの速いグラウンダークロスに河田が飛び込むが惜しくも届かず。河田は裏の取り方が秀逸だな。ディフェンスの前に飛び込むと見せかけてファーに逃げる。ホニと河田のコンビネーションはなかなかいいね。

13分、小川がボールを動かして最後は自らフィニッシュを狙うもゴールならず。レンタル元といえども容赦しない小川。

鳥栖は基本的に4-3-2-1で引いてブロック形成という守備をしてくる。新潟のボールを左サイドに誘導しているのか新潟が左を起点にしているのかは不明だが鳥栖は新潟の左サイドでプレスを掛け始めることが多い。

18分、カウンターのカウンターから田川に抜け出されてしまうが和成が気合のブロックでシュートまで持ち込ませない。この場面、ペナルティエリア内だったから安易に手を使うことができなかった訳だけどクリーンにブロックした。素晴らしい守備。

23分、ホニと吉田のマッチアップは今回も吉田の勝利。その直後に再びマッチアップがあったけど押し倒しで吉田の連勝。代表の左サイドバックには長友が鎮座しているから難しいけど1回くらい代表に呼んであげてもいいと思うんだよね、吉田。

新潟は右のホニが抑えられるのなら左サイドだということで左サイドにボールを振るがあまりうまくいかない。ここで揺さぶっておきたいんだけどな。一方鳥栖は守備がうまくはまらないのか4-4-2にフォーメーションを変更して前線からのプレスに切り替える。

31分、河田の思い切りの良いナイスミドルは権田がキャッチ。権田はスリッピーな状況なのにきちんと防いでくる。

32分、鳥栖のクロスに豊田が反応してフリーで真骨頂のヘッドを合わせられてしまうがボールは左にそれていく。助かった。

33分、鳥栖フリーキックからのこぼれ球を石川がシュートするが大武がブロックする。これ、1点もののプレイだったけど大武は良くブロックした。

35分、鳥栖のカウンターで飛び出した田川を止めようと磯村が手を使ってしまいイエローカード。いわゆるプロフェッショナルファウルだが、まずはちぎられないようにしていこう。それにしても田川はスピードあるな。サイドで使っても面白いんじゃないか?

36分、ホニがフリーで持ち上って吉田と対峙。ホニのクロスは吉田にブロックされてまたしても吉田の勝利。

38分、マサルの左足からナイスミドルが放たれるが権田がきっちりセーブ。マサルの思い切りの良さにいいね!

40分、ジュフンからのロングフィードをホニが収めてチャンスメイクするも残念そこは吉田。吉田は本当に良いプレイヤー。俺は好きだぞ、吉田。

42分、ゴメスの突破から最後は河田がカットインしてシュートを放つもまたしても権田に処理される。権田は安定していて良いキーパーだな。

アディショナルタイムは1分。

45+1分、ホニのプレスから奪ったボールを小川が粘ってゴメスへ繋いでゴール前でフリーキックをゲット。このホニのプレスからゴメス突撃までの一連の流れに新潟の魂の熱さを感じた。フリーキックはマサルが蹴ったけど特に何も起きず前半終了。

バチバチした試合展開に目が離せない。シーズン開幕からこれが観たかったけど後の祭りだ。

ポゼッションは新潟が60%とか、なんか見たことない数字が表示されている。パスも234本対162本とスタッツでは優位というか押し込みながら試合を運んでいる新潟。こういう展開ではカウンター1発で沈むケースが少なくないので後半も集中していきましょう。あと、アタッキングサイドが左48%の右28%くらい。ホニの右サイドのイメージがあったけどほとんど左サイドなのね。左サイドからホニへのサイドチェンジで崩したいところ。河田のヒートマップも紹介されていたけど河田も左サイドなのね。中に飛び込んで1発で決めてくれるくれることに期待したい。

鳥栖ボールで後半キックオフ。

後半開始直後からギアを上げて飛ばしてくる鳥栖。押し切られないように気を付けて。

50分、小野のキレキレのドリブルで中央を切り裂かれるもなんとかブロック。

51分、鳥栖のディフェンスをうまく崩して慶がトドメの一発を放つが鳥栖のナイスブロックの前にゴールを奪えず。惜しい!

52分、鳥栖選手交代。石川OUTで水野IN。鳥栖は攻める気満々っぽい。

54分、ホニはとにかく河田めがけて速いグラウンダーのクロスを入れ続ける。シーズン開幕当初の戦術ホニとは一体何だったのかと思うくらい役割が変わっている。シーズン中にプレイスタイルが変わるとか1粒で2度おいしい感じ。

55分、小川のコーナーキックから吉田のクリアミスを慶が今度はキッチリ仕留めてゲットゴール!これはビューティフルゴールだった。ピッチもボールもスリッピーなんだけど、インステップできっちりコースを定めてのコントロールシュート。大雨という条件の悪い中、インステップでここまで精度の高いキックを蹴れるのは凄い。

59分、ホニが離れちゃったから仕方なく傍にいた慶にアタックする吉田。僕の恋人はホニなのに、とでも言いたげな表情。

なんか先制されて鳥栖の守備が乱れてきている模様。時折5バックになって5-3-2みたいな中途半端な形になって中盤と前線の距離が離れちゃっている。これ、あえてやっているのか結果そうなっているのか知りたいところ。

62分、水野の絶妙なアーリークロスにヒヤリとしたが大谷がナイスセーブ。

63分、ジュフンのロングフィードに抜け出したホニ。吉田とのマッチアップに勝ってシュートを放つも権田がナイスセーブ。権田の安定感半端ない。その後、流れで河田も押し込もうとするがそこにはやっぱり権田が立ちはだかる。

65分、目の前の慶に浮気してたらホニをフリーにしてしまう吉田。浮気良くない。

66分、超絶カウンターを受けてピンチになるもジュフンがノーファウルでブロックする。このアタック、走る角度といい飛び込むタイミングといいお手本になるプレイだった。

左で溜めて右へサイドチェンジという仕掛けを繰り返す新潟。鳥栖は何故か中盤を空けてしまっているんだけど狙いがあるんだろうか?もしかしたら引いて守ってワンパン狙いとかしているのかもしれない。

70分、鳥栖選手交代。豊田OUTで池田IN。鳥栖に少々焦りが見え始めている。

72分、鳥栖コーナーキックから新潟がカウンターを発動させるも仕留めきれず。カウンターの起点になった守備陣は良く集中していた。

75分、鳥栖のフリークックからまたしても新潟がカウンターを浴びせてゴール前でいろいろやったけどゴールは奪えず。もっとシンプルにやってみよう。

77分、新潟選手交代。小川OUTで達也IN。小川はレンタル元といえど新潟のために一切手を抜くことなくプレイした。お疲れ様。そしてありがとう。

78分、鳥栖選手交代。小野OUTで安IN。鳥栖は全て攻撃的な対応でカードを使い切った。

残り10分、圧力を高めてくる鳥栖。必死に弾き返す新潟という展開に。お願いだから耐えてくれ。新潟は後手に回り始めて試合は完全に鳥栖ペースに。なんとかリズムを取り戻そう。

84分、ジュフンの致命的ミスから田川に抜け出されてしまうも大谷とミスした本人のジュフンが気合でゴールを割らせない。これは危なかったけど良く防いでくれた。今日のハイライトの一つ。その後の鳥栖コーナーキックも大谷が必死に弾き返す。守護神感満点の大谷。

86分、新潟ディフェンスラインの裏に抜け出した池田のシュートを大谷が超ビッグセーブ!これは凄いセーブだった。勝てるぞ!

もうタンキ入れてロングボール蹴飛ばし続けて時間稼いで終わりにしちゃえよって感じ。

88分、サイドの深い位置をえぐられるが慶が魂のディフェンスで激しくブロック。気合いだ!

90分、押し込まれて原川にミドルを打ち込まれるもなんとか防ぐ新潟。その後も吉田のミドルを浴びたりと壁が壊されかかっている新潟。凌いで!

アディショナルタイムは3分。早く終わってくれ!

90+1分、ギュンは走りまくって疲れているだろうに激しくデュエルして鳥栖の攻撃の芽を摘んでいる。もう涙出てくる。

90+2分、新潟選手交代。一度に2枚代え。河田OUTでタンキIN、ギュンOUTで優汰IN。俺たちは勝つんだという呂比須監督の明確なメッセージ。これで降格しても文句は言えない納得の采配だ。今日は勝ち切るぞ!

もう、みんな必死に攻めたり守ったり。アディショナルタイムなげぇ!

と思ったところで試合終了のホイッスル。やったー!俺たちは勝ったぞ!

とりあえず最低限のノルマをクリアした俺たちの新潟。降格の行方はこの後キックオフの他会場の結果次第となる。

2時間後、甲府と広島と大宮が全部負けて新潟の降格は次節以降に持ち越しとなった。すげぇ!ヤフートップにも「新潟降格を免れる」の見出しが。これは熱い。

とりあえず今節での降格はなくなり次節は3週間後、ビッグスワンでの甲府戦となる。次節勝たなければ即降格で、勝っても広島と大宮の結果次第で降格という状況。しかも全試合同時刻同時開催で激熱。

新潟にできることは次節ビッグスワンで勝ち切ることだけなので、選手、クラブ、サポーター全員で熱量高くしていきましょう。

あー、ここから奇跡の残留を達成したら歴史に残るんだけどなぁ。

台風で外出できなかったけど気分の良い週末でした。