僕の話を聞いてくれ

アルビレックス新潟のマッチレビューとかやってます。

キーマンはサイドバック:2018 J2 第1節 カマタマーレ讃岐 vs アルビレックス新潟

2018シーズンはJ2で戦う新潟だが、主力流出はあったものの監督まで含め的確な補強が成されたために戦力は落ちていないという奇跡のオフシーズンを過ごすことができてサポーターとしての期待は高まるばかり。

注目の先発は以下のとおり。

GK:アレックス
DF:川口、広瀬、ジュフン、ミチ
MF:磯村、坂田、マサル、豪
FW:小川、河田
リザーブ:大谷、ゴメス、カンペー、高木、ターレス、達也、貴章

ゴメスほどの選手がリザーブに回るという今まで味わったことのない事態に。ターレスや貴章でパワープレイもいけるぞ。アレックス、広瀬、坂井の新戦力に注目だが、アレックスの見た目のインパクトが絶大すぎる。

讃岐の1トップに我那覇がいるんだけど、あの我那覇だよね?いろいろあたっけど未だ現役を続けられていることは素晴らしい。讃岐の注目は佐々木匠と佐々木渉のダブル佐々木。

讃岐は4-2-3-1で新潟はベーシックな4-4-2という布陣。

讃岐のキックオフで2018シーズンがスタート!

序盤、新潟は右サイド、讃岐は左サイドからの突破を狙う。完全に新潟右サイドでかち合う形に。

そんな中、ミチから河田へ一気に縦パスが入る。これはひとつの形になるのかな?と思ったらその後も細かいパス交換から讃岐DFを釣って縦に一発という形が何度か散見される。縦の意識が強いのは間違いなさそうだね。その後の新潟はボールロストしそうになってもセカンドボールをきっちり回収するという丁寧な試合運び。

讃岐は佐々木匠の動きが良い。仙台アカデミー出身で仙台の至宝って言われていたのか。年代別代表も経験してるんだね。東京オリンピック目指して頑張ろう。

とりあずここまで戦術的な見どころは無し。なお、新潟のコーナーキックの守備はほぼマンツー。シーズン通してマンツーにするのか試合ごとに変えるのかは不明。

新潟はゴールキックのターゲットを河田にしているのだがさすがに厳しい。というかターゲット不在。とはいえターゲットを入れると河田という攻撃力や小川というコンダクターを失ってしまうため選択が難しい。豪かマサルの代わりに貴章をゴールキック専属要員として配置しても良いのではないかと。ここまで観た感じ坂井はボールハンターといった感じなんだろうか。組み立てもやれているみたいだけど。

その後またしても飛び出したミチのアーリークロス。これは大きな武器になるね。

佐々木匠のファウルの貰い方が上手い。ボール持つフリしてピンポイントでキュッ!とスピードを上げる。結果ディフェンダーはアフターでファウルになるという仕組み。

ここまでの双方の守備、新潟は4-4-2のブロックを崩さずに守って、讃岐は引き気味に4-4-2で守るという形。

讃岐はひたすら我那覇目掛けてロングボールを放り込む作戦。一発を狙うが全部弾き返す新潟。センターバックのコンビがかなり安定していて強力。

後半早々にマサルの素晴らしいボール回収。今シーズンも馬車馬のように走ってくれ。

そんな中、後方から中盤でボールを回してプレスを外して縦一発という形がハマる。もう、これが今シーズンの新潟の形だね。ミチをはじめとするサイドバックが超重要になってくるし、これならパワー系のフォワードよりもスピード系のフォワードがいいね。ホニはとりあえず帰ってこい。

その後は小川に替わって貴章投入。あからさまなターゲットマン。かと思ったら直後に貴章の叩いたボールを抜け出した河田がきっちり決めて先制する。河田の特徴が良く出たナイスゴールだった。その後の貴章は期待通りのターゲットマンに徹する。

先制したものの押し込まれてヒヤヒヤさせられる新潟。最終ラインの裏を何度も狙われるがジュフンを中心にきっちりブロック。讃岐は諦めずにトコトン我那覇。途中で佐々木匠のナイスボレーが飛び出るがこれもジュフンがナイスブロック。

新潟は徹底してボールを動かして縦を狙い続ける。あんまりやりすぎると次節以降研究されて対策されるぞ。

試合終盤は讃岐の猛攻を受けるがなんとか凌ぐ。アディショナルタイムには河田に替わってターレスが入ると期待通りの重戦車ドリブルでディフェンダーをぶっ飛ばしてゴールを目指すも結果実らず。日向小次郎ぶりが半端ない。それにしても足遅いな。

ということでとりあえず開幕戦を勝利で飾った新潟。次節以降、サイドバックからの縦一発作戦が対策されませんように。

キャプチャして動画作ったの初めてだから色々わからないことだらけで変な仕上がりになっているけど、とりあえず動画置いておきますね。

youtu.be