僕の話を聞いてくれ

アルビレックス新潟のマッチレビューとかやってます。

強いプレスには弱かった:2018 J2 第2節 アルビレックス新潟 vs 松本山雅

ホーム開幕戦の新潟。CBは広瀬に替わってカンペー、SHは豪に替わって高木、FWは貴章と河田。リザーブに小川がいないとかJ1にいた去年より選手層が厚くなっている新潟。

フォーメーションは新潟は4-4-2、松本は3-5-2という形。

試合開始直後から河田がゴリゴリボールを持ち込んでいく。なんかシーズンの終わりごろには物凄く化けてそう。

磯村と坂井のボランチコンビは安定している。ゴールキックのターゲットが貴章じゃなくて河田。見かけによらず体が強かったりするのかな?

松本はボールが新潟のサイドに入ると2人で奪いに来る形に。新潟は右サイドでボールを保持させられている形になり、前節のストロングポイントだったミチにボールが渡らない。

松本の攻撃は基本的に戦術高崎。遠目からガンガン放り込んでくる。一発ミスると死んじゃうよ。

新潟の攻撃は前節同様後ろで回しながらSHを飛ばして縦に一本という狙い。これが今シーズンの攻撃の基本であることは間違いないね。

新潟の守備は4-4-2のブロックなんだけど、これが結構美しい形をしている。まだその効果は見えていないけど鈴木監督の理想としてはアトレティコみたいな守備をイメージしているんだろうか。強固なブロックにサイドハーフを飛ばした縦パスというスタイルが仕上がりイメージか。このサイドハーフを飛ばした縦というのがそのうち話題になってくれたら嬉しい。

松本は作戦高崎だけじゃブロックを崩せないと思ったのか作戦高崎+永井裏抜けというバリエーションを早々に出してくる。結構めんどくさいな、これ。

それにしても新潟4-4-2のブロックが美しい。美しいんだけどこれだと小川の使い道がなくなるという贅沢な悩みが発生する。

前半の終盤からポゼッションを松本に取られっぱなしの新潟。松本にプレスと5バックで対応されて縦も入りにくくなってきているなー、なんて思っていたら高木のアーリークロスに貴章の高い打点のヘッドが炸裂して先制。これは貴章の特徴が良く出たゴールだった。

その後も執拗に河田と貴章への縦を狙い続ける新潟と、縦の精度を落とそうとハイプレスする松本という形が続く。それにしてもパウリーニョの万能感が凄い。

後半60分には作戦高崎を下げて工藤IN、前田を下げてセルジーニョINとなる。作戦高崎を捨てて何か切り替えてきた反町監督。どうやら永井の1トップという形らしい。

その後は反町監督の狙いが的中して何度もチャンスを作られるものの、アレックスがビッグセーブを連発して何とか凌ぐ。その後も大ピンチを招くがドタバタしながらも全員で凌ぐ。

その後、松本は岩間を下げて大然を投入。もうやる気マンマン。

後半の中盤以降、ポゼッションは圧倒的に松本。などと思っていたらセルジーニョの技ありゴールで同点に。直前にジュフンの足が止まってしまったのが痛かった。まぁ、あのタイミングじゃ交代カードも切れないし采配ミスとは言えないけど、それまで耐えていただけに痛い失点だった。

その後も新潟はひたすら縦を狙い続けるが精度が悪い。それにしても大然は本当に速いな。一芸枠でワールドカップに連れて行ってもいいんじゃないか?

最後は殴られ続けながらも引き分けで終了。

新潟のサイドハーフを飛ばした縦という狙いは良いのだが、プレスが強いと精度が悪くなるという弱点が露呈した試合だった。今後は強いプレスに負けない精度を出すか、パスワークでかわして確実に縦を通すかというような対応が求められてくるんじゃないかと。あと4-4-2ブロックの仕上がり、お待ちしております。

以下余談。

「時間の経過とともに精度が落ちていく新潟のサイドハーフ飛ばし」っていう動画を作りたかったけどDAZNの動画をサクッと切り出せなくてめんどくさくなったので省略。簡単にDAZNの動画扱えないかなぁ。