僕の話を聞いてくれ

アルビレックス新潟のマッチレビューとかやってます。

サイドハーフ小川の取扱説明書:2018 J2 第3節 アルビレックス新潟 vs 京都サンガ

開幕から1勝1分と結果だけ見れば悪くない状況で迎えた第3節。ここである程度方向が見えてくるんじゃないかと期待。

先発はGKに大谷、ゴメスがSB、小川がSHでの先発。2トップは河田と貴章。京都の注目は若手から岩崎。新潟は4-4-2、京都は4-1-4-1というフォーメーション。小川のSHは機能するんだろうか。

序盤から京都はガツガツ上がってくる。京都は攻撃型のチームなのかな?ブロックは4-5-1という形でボランチというか中央にボールが入ると奪いにくる作戦。

15分、そんなガツガツした守備に押されながらも得たコーナーキックを小川が蹴ると貴章のヘッドがドンピシャで炸裂して先制。小川はポジションはどこでもいいからキッカーとして必要な感じ。マサルと小川で左右蹴り分けできるしね。

19分、先制して喜んでいたら今度はゴール手前で京都にフリーキックを与えてしまい、これをうまく合わせられて同点に追いつかれてしまう。この失点シーン、完全に相手をフリーにさせちゃったね。コーナーキックはマンツーで守っていたから割と対応がはっきりしていたんだけど、こういうゴール手前からのセットプレイではマークが曖昧になってしまった印象で要修正。

岩崎は左のSHをやっているのだがいまいち想像していた迫力がない。調べたら昨シーズンはほぼフル出場でやっぱり左サイドハーフをやっていたらしく、ストライカーとしてではなくアシストマシーンとして機能していたとのこと。監督がそういう適正だと判断しているならいいんだけど、やっぱりストライカー岩崎が見てみたい。

新潟はいつも通り最終ラインでボールを回すのだが、ボールが止まった瞬間に京都は一気にハイプレスで奪いに来る。このハイプレスが結構迫力があってミスると即失点に繋がりかねない。新潟はボールを持たされている感が強くなっていて、前節や前々節で見られた縦パスを発動することができない。

51分には一瞬のスキを突かれてレンゾ・ロペスに単騎で抜け出されてしまうがカンペーが何とか間に合って決定機を防ぐ。その後も岩崎にフリーで撃たれるなど流れが怪しくなってくる新潟。流れを取り戻そうとミチのクロスから作戦貴章を狙うがうまくいかない。

やっぱりパス回しが危なっかしい新潟。これ、強い相手には全く通用しないんじゃないだろうか。プレスを躱したいんだろうけどパス回すだけでいっぱいいっぱいな感じが否めない。讃岐戦の時は力の差があったから綺麗に回っているように見えただけなのかもしれない。

61分には河田を下げてターレス投入。貴章とのツインタワーが完成し、直後にターレスのタワーぶりが発揮されて特徴をアピール。ターレスは落ちて守備もするし結構良いんじゃないか?馬力のあるトップ下みたいな感じになっている。ただ単純にボールに触りたくて落ちているだけかもしれないけど。

77分にはミチのクロスから小川の頭に合わせるもキーパー正面。ミチのクロスは本当に精度高いな。

新潟はCB-SB-SHのトライアングルと、SB-CH-SHという2種類のトライアングルでボール回しをする訳だけど、精度がそんなに高くなくてイマイチ効果が見えない。このボール回し要員として小川のSHというのは今後もアリかもしれないが3対1でボールをぐるぐる回しているだけで何も起きないんだよなぁ。ぐるぐる回しながら縦に入れるとかボールの位置を上げるとかしたい。

83分にはどうしてそうなったレベルのあり得ない守備の連携ミスからゴール前がガラ空きになってしまうが何とか凌ぐ。京都からしたら頭抱えるレベルの決定機だった。これを防げなかったら間違いなく負けていたはず。その後も京都にゴリゴリと攻め込まれる。なんか試合終盤に押し込まれるのは新潟の風物詩みたいになってきてるぞ。

京都は終盤レンゾ・ロペスに替えて大野を投入し勝負に出てくる。アディショナルタイムにターレスが倒されてPKかと思ったらオフサイドの判定。惜しかったけどこれは重廣の戻りを褒めざるを得ない。

試合はそのまま1-1のドローで終了。

双方戦術が大雑把でアバウトな印象の試合だった。小川のSHは縦の推進力は出ないがセットプレイとボール回しを考えたら選択肢としては十分あり。というかターレスと貴章のツインタワー目掛けてミチが放り込み続ければとりあえずOKじゃないかとか思ったりするんだけどマサくんはそういうサッカーを目指していないだろうから、あくまで試合終盤限定の作戦になるだろう。

ここまでの試合を観ていると各ポジションにバックアップがいるので欠員が出てもそこまで大崩れしないだろうという安心感がある。

この調子で確実に勝ち点を積み重ねて1年で昇格を決めましょう。