僕の話を聞いてくれ

アルビレックス新潟のマッチレビューとかやってます。

ハイプレスと2種類のクロスは効果抜群:2018 J2 第4節 横浜FC vs アルビレックス新潟

ここまで負けなしで順調な新潟。スタメンは前節から変更なしだがベンチに新太の名前が。若手起用が当たってほしいね。横浜FCの注目はイバ。ジュフンとのマッチアップは見応えありに違いない。フォーメーションは新潟4-4-2で横浜FCは4-2-3-1。

注目のイバは左サイドに流れてポジショニングするので必然的にカンペーとのマッチアップになってしまう。ジュフンを避けてのポジショニングなのかどうかは不明。

今日の新潟の守備は前線からのハイプレス。2トップがハイプレスしてコースを限定した先の高い位置でボールを回収するという作戦。たぶんこれがマサくんの言うアグレッシブなサッカーの形なのだろう。というかイバの馬力が凄くてJ2で無双するのも納得。

前半11分、マサルの高精度キックに河田が完璧に合わせて先制かと思ったがその前にファウルの判定。完璧なプレイだっただけに悔やまれる。

今シーズンのアルビは小川もマサルもキックの質が高くてセットプレイが一つの武器になっている。小川が右足でマサルが左足な訳だけど、フォーメーションの配置としては小川が左サイドでマサルが右サイドになる。結果としてこの二人のクロスはインスイングになり、クロスを上げる際には深い位置からではなくアーリークロスっぽい形でインスイングに入れてくるシーンが散見される。で、この二人はインスイングのキックなんだけど、両SBのミチとゴメスの利き足とポジションの関係からサイドバック二人のクロスはアウトスイングになり、ミチとゴメスに関してはオーバーラップして深い位置からアウトスイングのクロスを上げる形になる。インスイングのクロスとアウトスイングのクロス、この2種類のクロスを両サイドから幾度となく放り込むことにより相手キーパーは非常に難しい対応を迫られることになるのだろう。ということで、サイドハーフで小川を起用する狙いはこういうところにあるんじゃないかと思う訳で。マサくんは本当に引き出し多いね。これからもいろんなバリエーションを見せてくれることだろう。

横浜FCの守備が緩めの中、新潟はミチを起点にした右攻めを徹底する。対する横浜FCは新潟の壁を超えることができないのでフライスルーでなんとか壁を越えようと画策するも功を奏さず。とはいえ新潟の守備が安定しているかというとそうでもなくジュフンのビルドアップが怪しかったりカンペーがボールに食い付きすぎてスペースを空けたりと不安は残る。ここら辺は今後修正が必要かと。

34分には貴章のクロスをマサルが折り返して河田が飛び込みゲットゴール。これは完璧な崩しだった。ビューティフルゴール。

新潟のハイプレスが良く機能している訳だがハイプレスの流れでミチが高い位置まで飛び出てしまう。が、ミチが空けたスペースは坂井が埋めて坂井のポジションにはそのまま磯村が入るというスライドで対応している。このスライドなら逆サイドに大きくサイドチェンジされない限り崩されることはないだろう。ハイプレスが効いているので当然サイドチェンジなど出来るはずもなく本当にハイプレスが良くハマっていた。

そんなハイプレスがキーパーにも効いて貴章がキーパーからボールを奪ってそのまま追加点。いや、ハイプレスハマりすぎだろ。横浜FCは追加点を取られてからようやく逆サイドへの大きなサイドチェンジを振り始める。

後半はレアンドロ・ドミンゲスにいいように転がされているような気もしたが、なんとなく防ぐ新潟という状況。大谷のビッグセーブなどもありピンチを何度も凌ぐ。後半の横浜FCレアンドロ・ドミンゲスを起点に執拗に裏抜けを狙われて危ないシーンが続き決定機も作られるが、やっぱりなんとなくみんなでブロックして難を逃れる。それにしても横浜FCの野村は良い選手だな。

横浜FCの攻撃を凌ぎながら攻撃に転じた新潟は75分に河田からのボールを小川が美しくコントロールシュート。まさにビューティフルゴール。後半アディショナルタイムには新太が投入されるが特に何も起きず試合終了。

という訳で、新潟のハイプレスが大当たりして新潟強いんじゃね?という印象の試合だった。

これまでの4試合を見る限り、ボール回しからの縦パス、4-4-2ブロック、インスイングとアウトスイングのクロス、ハイプレスと、どれがメインウェポンなのか良く解らないがどれも効果が出ているという結果で頼もしい。セットプレイも武器になるのは間違いないだろうし、引き出しが非常に多くてマサくん有能すぎる。

いや、これマジで強いんじゃね?新潟。