僕の話を聞いてくれ

アルビレックス新潟のマッチレビューとかやってます。

ハイプレスとパスワークとカウンター:2018 J2 第6節 アルビレックス新潟 vs 徳島ヴォルティス

前節酷い試合でサポーターを失望させた新潟はジュフンと輝騎のCBコンビ、磯村と戸嶋のボランチコンビという布陣で臨む。徳島の注目はリカルド・ロドリゲス監督そのものなのだが、選手としては杉本太郎。レンタルなのに10番とか。

フォーメーションは新潟4-4-2、徳島は3-1-4-2なのかな?これ。いつもは4-4-2のダイヤモンドらしいんだけど今日は3バックという形。

新潟の今日の基本戦術はハイプレスで徳島のパスワークにプレッシャーを掛けるというものなのだが、徳島のパス回しの精度が想像以上に高くて序盤は思うようにハマらない。ちなみに徳島もハイプレスなので双方ハイプレスでパスワークという同じ戦術になっている訳で、4バックと3バックという戦術の妙やプレー精度がどのように影響するのかがポイントになってくる。

新潟はプレスを掛けてボランチでボールを奪うが徳島のプレスでサイドに追い込まれて手詰まりになり回収されてしまうという形が続き、徳島が新潟を完全にハメ殺しているように見える。中盤でのボールの奪い合いが激しく見えるけれど最終的には徳島がサイドでボールを保持する回数が多い。そこから徳島はパスワークで崩すのかと思いきや新潟のプレスを嫌って普通に蹴飛ばしてきたりするのだが、それが通ってしまうという恐るべき徳島の選手スキル。パス回しも新潟のそれより明らかにクオリティが高いんだけど、やはり特筆すべきは徳島のプレス。連動した守備というのはこういうものを言うのだろうな。シーズン序盤なのに既に完成していて非常に美しい。強力なプレスと華麗なパスワークに加えて佐藤へ目掛けたロングボールを織り交ぜるという攻撃が羨ましく思えてくる。

そんな徳島にペースを握られていたかと思った31分、河田が中盤でボールを奪うとそのまま持ち上って思い切りよく蹴り込むとこれがゴラッソに。徳島の強力なプレスを意外な形で破った一撃だった。いや、これは本当にゴラッソ。

その後も自陣深い位置で戸嶋がボールを奪うと素早くカウンターを発動させる。ゴールにはならなかったが中央でボールを奪ったら徳島のプレスが掛かる前にゴール前まで一気に持っていくというのが徳島のプレスを外す1つの答えなのかもしれない。ポゼッションは徳島が63%と圧倒的なのに勝っているのは新潟というサッカーの妙が凝縮されたスタッツ。その後も戸嶋が中盤で奪って素早く縦にボールを蹴り込む形が散見される。ちなみに前半を見る限りでは今日の新潟は最終ラインのブロックが非常に安定していて前節の反省が十分に活かされている模様。

後半開始直後、徳島は同時に選手2人を入れ替えるというアグレッシブな采配を行う。フォーメーションは3-2-4-1かな?新潟の2トップに3バックを当てて中盤で数的優位を作りボールを奪われないようにしようという意図のように見える。

後半に入っても新潟は中盤でボールを奪ったら素早く縦という作戦を徹底する。中盤を厚くした徳島にとっては予想外の展開だったのではないだろうか。この中盤のボールハントに欠かせないのが戸嶋。狂犬ぶりが半端ないんだけど、この働きが毎試合安定して出来るのならスタメンを確保できるクオリティ。その後ろでカバーする輝騎も良い働きをしている。

62分には呉屋を投入する徳島。既に交代3枚目でアグレッシブすぎる采配のリカルド・ロドリゲス監督なのだが、やっぱり中盤でボールを奪って素早く縦を徹底する新潟に決定機を作られる。ポゼッションは徳島64%という数字なのに決定機は新潟という結果に。

75分過ぎからは徳島のプレスが掛からなくなってきてボールを回せるようになる新潟。80分には貴章に代えてターレスを投入して追加点を狙うが徳島の全員攻撃の前に一方的に殴られる時間が続く。10分以上殴られ続けていたが大谷のビッグセーブなどでなんとか凌ぎきって試合をクローズ。最後まで非常に見応えのある試合だった。いや、本当に良く勝ったな、これ。

噂には聞いていたが徳島のサッカーは非常に魅力的だった。このサッカーと共に戦う徳島サポーターが羨ましい。大杉連さんにも観てもらいたかったなぁ。今日は新潟に負けてしまったものの今のところ結果も出ているし徳島はJ1昇格候補と言って間違いないだろう。新潟はカウンターの精度をもっと上げてキッチリ仕留められるように仕上げていきましょう。

とりあえず勝てて良かったんだけど、それ以上にナイスゲームが観れて大満足でした。