僕の話を聞いてくれ

アルビレックス新潟のマッチレビューとかやってます。

理想の3バックに辿り着ける日は来るか:2018 J2 第7節 ロアッソ熊本 vs アルビレックス新潟

アウェー熊本での戦いとなった新潟。事前の報道であったとおりオーソドックスな4-4-2ではなく3-4-2-1という布陣で臨む。CBは左からジュフン、カンペー、輝騎でアンダー代表から帰ってきた坂井と磯村のボランチ、左WBはゴメスで右WBはミチ。貴章の1トップに河田とマサルの2シャドー。熊本は1ボランチを置いた3-5-2というフォーメーション。新潟はサイド攻撃で高火力を狙うのか。

試合開始早々から貴章がハイプレスを仕掛けてキーパーのボールにうまく当たれば1点ものというシーンも見られる。河田も必死にハイプレスでとりあえずハイプレスという作戦らしい。熊本は守備時に5-3-2というブロックを作るのだが新潟は5-2-3という中盤大丈夫か?というブロックになっていないような守備で対応する。狙いは前線3枚のハイプレスというのは明らかな訳で、これでもかというくらい攻撃の姿勢を見せつける。

そんなハイプレスがハマって6分には磯村のインターセプトから直接ミドルを狙うも僅かに枠の外で惜しかったり、直後の9分にはセカンドボールを拾った河田が遠目のミドルを放つもポスト直撃でいちいち惜しい。新潟はハイプレスでボールを奪うとミチとゴメスが一気に上がって攻撃参加という仕組みになっていて、新潟式3バックは攻撃型布陣といって問題ないだろう。一方熊本の攻撃はアンビョンジュン。輝騎とのミスマッチを狙った空中戦に持ち込まれると辛いのだが熊本はこの弱点を徹底的に狙ってきている模様でマッチアップでアンビョンジュンに競り負けるシーンが散見される。とりあえずアンビョンジュン目掛けてロングボール蹴っとけ的な意識を感じる。

新潟のハイプレスが効いていてここまで決定機は新潟のほうが多いのだが中盤のサイドが空いてしまうのでそこを熊本右サイドの田中達也(しかも14番!)に使われる回数が増えてきていた24分、アンビョンジュンに持ち込まれてあっさりゴールを奪われる。ジュフンが一瞬目を離した隙に死角へ抜け出したピンポイントゴール。点を取られるとした輝騎との空中戦だと思っていただけに意外な得点だった。その後も空いたスペースに熊本達也が走り込んでそこに目掛けてロングボール蹴ってクロスを上げたらそこにはドフリーのアンビョンジュン。あっという間に2点取られる。新潟3バックシステムの弱点を突きましたと言わんばかりのゴール。というか新潟のボランチどこに消えてた。2点とも個人のミスであり組織のミスによる失点という形。慣れないフォーメーションはやるもんじゃない。

2点奪われている新潟だが戦術を変更する気配はなく徹底してハイプレス。一方の熊本はロングボールを右サイドの熊本達也に供給してアンビョンジュンへクロスという作戦を徹底している訳だがアンビョンジュンの対空兵器ぶりが半端ない。この人、来年は鳥栖とか札幌あたりでプレイしてそう。とりあえず青木のロングフィードが素晴らしくて熊本達也が輝いている成分の半分は青木のフィードで出来ている。

後半に入っても両者作戦変更なし。55分には熊本達也にロングボールが通って今日何度目かわからないクロスを上げると八久保がダイレクトで流し込んで3点目。もうね、新潟のフォーメーションの穴を突かれすぎ。上がったゴメスが全く間に合っていない訳で当然のように直後サチローへ交代。サチローは右WBに入ってミチが左WBなんだけど、3点取られてから熊本のストロングポイント熊本達也対策をするとか対応が遅すぎる。

守備だけではなくパスの精度も悪い新潟は幾度となくボールを簡単に奪われる。点を取らない事には始まらないので坂井に替えて新太を投入し、マサルボランチに下げて新太をシャドーにするがショートパスでもハイボールでも熊本の5バックを攻略できない。69分にはアンビョンジュンに替わって巻登場。巻のハイプレスは本当に絵になるな。

新潟はその後、サチローのクロスに新太が飛び込んだところで倒されてPKゲットし、これをミチが決めて1点返す。新太が単騎でチャンスメイクする場面も何度かあったが、ロングボールは貴章に収まることなく試合終了。惨敗!

新潟の3バックはちょっと無理があるというか、5-2-3のブロックがブロックになっていない。そもそもブロック形成とか考えてないのかもしれない。ハイプレスショートカウンターという狙いはわかるんだけど、このやり方だと攻撃力のあるSHがいるチームには厳しいし、そうでなくてもミチとゴメスが過労死するまで走らないと成り立たないシステムのように思う。4バックなら熊本達也を抑えられていたであろうことを考えると4-4-2でいいのになぁと思わずにいられないが、過去にはNボックスを完成させたマサくんなのでハイプレス3バックという新潟式3バックを完成させてしまうんじゃないかと期待している。

お試しフォーメーションはとりあえず酷い結果にて終了でした。