僕の話を聞いてくれ

アルビレックス新潟のマッチレビューとかやってます。

完全ミラーは練度に差が出る:2018 J2 第8節 アルビレックス新潟 vs ファジアーノ岡山

首位岡山をビッグスワンに迎えての一戦。フォーメーションは前節同様の3-4-2-1だけど今日の1トップは貴章ではなく河田。河田と貴章のポジション変更で挑む。対する岡山もフォーメーションは3-4-2-1。同じフォーメーションでミラーとなるのか違うスタイルなのか、岡山の堅守とはどれほどのものなのか、新潟は前節の守備をどこまで修正できているかというところに注目。

序盤は両者硬くロングキックの蹴り合いが続く。岡山からは1トップの斎藤にとりあえず預けとけ適な意識を感じて、守備はキッチリ5バックで新潟と同じ5-2-3というブロックを敷いているため完全ミラーの形に。そのブロックを新潟はパスワークで攻略しようとするがなかなかうまくいかない。

9分には岡山セットプレイからのセカンドボールを拾われて決定機を作られるも磯村がナイスブロックで防ぐと、その後カウンターを浴びせて惜しい展開に持ち込んだりもする。新潟は基本的にやっていることは前節と同じなのだが全体的に動きの質は向上されているように思える。前節の課題だった守備(5バックなのにな)も、岡山1トップの斎藤をCB2人でキッチリ挟んで潰すという対応が徹底されていて安定している印象。

攻守共に完全ミラーの両者だが、こうなると質の高いほうが勝つという結果になりそう。とりあえず中盤では目まぐるしくボールハントの応酬が繰り広げられているがセカンドボールを拾う数は圧倒的に岡山という流れで岡山の方が全体的に質の高さを見せている。

18分には新潟の左サイドを突破された挙句にジュフンのボールコントロールミスから決定機を作られてしまうがムラーリャがナイスセーブでピンチを凌ぐ。岡山は仲間の動きが非常に良くて、キックも飛び出しもタックルも全てが輝いている。ゴールにこそならなかったがカンペーの死角に走り込む内→外のダイアゴナルランは絶品だった。あれは完全にカンペーの視界から姿が消えていたはず。仲間隼斗、これは素晴らしいプレイヤーだな。調べたら柏アカデミーの出身なのか。要注目。

31分には中盤でマサルインターセプトしてそのままシュートまで持ち込むが枠の外。その後リズムを作る新潟はジュフンがラインを高く敷いて攻撃的な姿勢を見せるがボールを奪われてからはずっと岡山のターン。

なかなか見応えのある試合で後半どうなるか読めなかったが、後半開始早々に仲間からチャンスメイクされるも何とか凌ぐ新潟。その後の流れはずっと岡山で、岡山のプレスが効いているため新潟は前線までボールを運ぶことができない。一方の新潟は今のところハイプレスを見せていないのでボールをずっと岡山に握られ続けてしまうという状況に。岡山はブロックを5-2-3と5-3-2でうまく使い分けてプレスを効果的に仕掛けてくる。

62分には河田に替えて小川を投入。貴章を1トップにして前線の活性化を図ると同時に新潟はハイプレスを発動させるが70分に磯村が武田を倒しPK献上で先制される。予想外の展開で失点となってしまった訳だが、こうなると岡山のペースになってしまい岡山の鉄壁を崩さなくてはいけなくなった新潟という状況に。この状況を打破すべくマサルに替えて達也、坂井に替えてターレスを投入しファイティングポーズを取るが終盤に来ても質の落ちない岡山のハイプレスに手を焼いてしまう。

89分に放ったターレスのシュートが岡山DFの手に当たってPKゲットのようにも思えたが笛は鳴らず。新潟はアディショナルタイムにパワープレイを仕掛けるも岡山の鉄壁を破ることができずに試合終了。

前節よりも3-4-2-1の質は高くなったが、それを上回る質の高い3-4-2-1で粉砕されたという結果に。堅い守備と聞いていたからドン引きサッカーかと思ったらそんなことはなくむしろアグレッシブなサッカーだった岡山。徳島にも同じ印象を持ったのだが、J2は想像以上に個性的で良いサッカーをするチームが多いのかもしれない。

結果としてはシーズン3敗目。序盤とは言え1年でJ1復帰というのは少々甘い考えなのかもしれないと痛感させられた試合でした。